無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

ꕤ*.゚弟ꕤ*.゚
182
2019/12/14 11:58
彩葉
彩葉
神崎くんが2人いる…!


どういうことか神崎くんが2人いる


え、どうして??何で??


制服を着ている方の神崎くんは私服の神崎くんを見るとびっくりしている

彩葉
彩葉
か、神崎くんこの人ドッペルゲンガーですか!?!

制服を着ている方の神崎くんに言うと顔から「はあ??」という言葉が見える


ごめんなさい、そんなわけ無いですよね


神崎
ドッペルゲンガー…?
僕が?ふふっ
千明、僕ドッペルゲンガーなんだって

私服の神崎くんは手の甲を口元に持っていき笑っている


わ…、笑い方神崎くんに似てるけどこっちの人は柔らかい笑い方だ…


千明
ドッペルゲンガーな訳ねーだろ…
弟だよ、双子の
彩葉
彩葉
妹の次は弟……?

長谷さんが妹ときて次は弟くんが現れた


しかも双子の、顔が激似だから多分一卵性なんだろうな…


千里
こんにちは、神崎千里カンザキ チサトです
いつも兄がお世話になってます


弟さんは私に頭を下げると私も慌てて頭を下げた

彩葉
彩葉
いえいえ、こちらこそ!
菊川彩葉です、宜しくお願いします…!
千里
彩葉さん…?
ああ!この子が!
彩葉
彩葉
…?


私の名前に聞き覚えがあるのかな?


また弟さんが何かを発そうとしたとき神崎くんが弟さんの口元を押さえた


千明
千里、口閉じろ
千里
ん〜〜!!


何ていうか弟さんは全体的に柔らかいな…


弟が柔らかいとお兄ちゃんはこんなにツンツンしちゃうんだ…


神崎くんは手を離していた


千明
それより何の用だよ
お前外出て大丈夫なのか
千里
うん、少しだけなら


外出ちゃいけない理由とかあるのかな…?


二人を見ていると私の視線に気付いてか弟さんの方が何かピンときた顔になった


千里
彩葉さんそういえばスーパーで会ったね
彩葉
彩葉
……え?!
あの時の人って弟さんだったんですか!?
千里
うん、完全に千明と間違えられていつ言おうか悩んでたら会話終わっちゃって…ごめんね


うわぁあ…まじかー!


めちゃくちゃ失礼なこと言わなかったかな?!


彩葉
彩葉
いえいえ!私の方こそすみません!!
驚かれましたよね…!
千里
大丈夫だよ、あと千里って呼んで?
敬語も使わなくていいよ
彩葉
彩葉
う、うん!
ありがとう千里くん


柔らかい表情だから何だか落ち着く


神崎くんも名前で呼びたいけど、新太先輩から言われた忠告を思い出した


名前…何で呼んじゃだめなんだろう


千里
そうだ、千明はいこれ
千夏に渡して

千里くんはビニール袋を神崎くんに渡した

千明
何これ
千里
カットフルーツ、千夏が忘れて行って持ってきてって言われたから


カットフルーツ……?


わざわざ持ってきてくれたんだ…


神崎くんは大きなため息をついている

神崎
その程度で千里を外に出したのかよ…
千里
散歩がてらだったから全然平気だよ
はい、渡してね


千里くんは神崎くんの腕にビニール袋を通した


明らかに嫌そうな顔


義理だから兄妹でも仲悪いのかな…?長谷さんは神崎くんのことちーちゃんって呼んでたけど


彩葉
彩葉
神崎くん、嫌なら私が渡しましょうか…?
神崎
いや、いい
千夏と2人にさせられない

やっぱりあの日から長谷さんとの接触を遠ざけようとしてくれている


優しい所は千里くんと変わらない

千里
それじゃあ僕帰るね
千明
ああ、気をつけて帰れよ
寄り道せずに!真っ直ぐ!

何故か後半を強調して言う


それに千里くんは苦笑して、

千里
わかってるよ、じゃあバイバイ彩葉さん
彩葉
彩葉
またね、千里くん

あの時のように手を振ってくれて私も振り返すと千里くんは歩き出した


彩葉
彩葉
双子なだけあって瓜ふたつでしたね
千明
まあな

身長も顔も優しさも変わらない


だけどやっぱり神崎千明くんが私は好き


この人を見ると心の底から好きだなぁ…て気持ちになる


彩葉
彩葉
あ、じゃあ私ここで

飲み物を買いに行く途中だったことを思い出して自販機に向けて足を進めようとした


____神崎くんに手首を掴まれるまで


彩葉
彩葉
神崎くん?
千明
ちょっと付き合え