無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ꕤ*.゚買い物と遭遇ꕤ*.゚
187
2019/09/26 00:01

神崎くんと連絡先を交換してメッセージのやり取りを何度かした


それで分かったことがある


彩葉
彩葉
『好きな食べ物は何ですか』
千明
『質問小学生かよ』
千明
『ハンバーグ。チーズ入ったやつ』


好きな食べ物が男の子って感じ


彩葉
彩葉
『お誕生日は?』
千明
『7月6日』


夏生まれ


神崎くんは質問に対してちゃんと返してくれる


ただ返事が遅い


送った日に返信が来たら珍しくていつも2日後か3日後


母
彩葉〜、お買い物行ってくれない?
彩葉
彩葉
えー、新太先輩たち居るからそっちに頼みなよ
暇そうにしてたよ


買い物は荷物が重くて行きたくない


あとは外に出る事がめんどくさい


たまに新太先輩たちが暇すぎて喜んで買い物に行く事がある


きっと今回も喜んでいくはず


母
いいから!
あなた休みの日は部屋に閉じこもってばかりでたまには外に出なさい!
彩葉
彩葉
学校の日外出てるじゃん!
母
それだけじゃない!
いいから行く!


ここまでいわれたら行くしかない


何故ならお母さんは怒らせると怖いから


彩葉
彩葉
はーい…


そうと決まれば私は私服に着替えてお母さんからお金を預かった


土曜日だから人多いだろうな…


準備が終わると私は嫌々外に出た


スーパーにつくとやっぱり休日だからか人が多い


彩葉
彩葉
……あれ?

お店の入り口に見知った姿


彩葉
彩葉
神崎くん?


携帯を弄っていた手を止めて神崎くんは私の方を見た


彩葉
彩葉
やっぱりそうだ
お買い物ですか?
神崎
んー、まあ
彩葉
彩葉
1人で…?
神崎
いや、義妹と

あ、長谷さんも居るんだ…


家族なら一緒に買い物くらい行くよね…


長谷さんいるなら私は早めに退散したほうが良さそうだ


彩葉
彩葉
それじゃここで…
また月曜日に
神崎
ん、また


右手で手を振られた


されると思ってなくて私も慌てて手を振り返した


手を振る神崎くん可愛い……


でも何かいつもと違った……?


気のせいかな


長谷
お待たせ〜
ん、どうしたの?誰か居た?
神崎
いや、何でも無い




買い物が終わってやっと家についた


もう重くて腕が千切れそうだ


新太
彩葉おっか〜
彩葉
彩葉
ただいま


リビングに行くとお兄ちゃんと新太先輩、他にもあと何人か居た


その人らにもお帰りと言われ返事をする


彩葉
彩葉
お母さんは?
春騎
用事で出てった
彩葉
彩葉
えーー、用事あるならその後に買い物行けばいいのに…


わざわざ私が行く必要なかったな…


まあでもちょっとした散歩になったから良かった良かった


彩葉
彩葉
スーパーで神崎くんに会ったよ
春騎
どうだった
彩葉
彩葉
どう?どうって…
普通だったよ
春騎
妹居たか?
彩葉
彩葉
あー、スーパーには来てたっぽい
どうして?


どうしてそんなにも神崎くんが気になるんだろう…


本人に様子聞けばいいのに


春騎
別に


出た出たお兄ちゃんの‘‘別に’’


買ったものを冷蔵庫に入れていく


お母さんに内緒でアイス買っちゃったけどいいや!買い物に行ったご褒美にしよ!