無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

20
サナ
サナ
ミナ、ツウィ、急がないと!
サナ
サナ
早くいって、前の席取らなくちゃ!
今日は、都大会の1回戦


私、会場の入り口を抜けると、ミナとツウィを置いてダッシュ!


ミナ
ミナ
サナ、待ってよー
ミナが息を切らして追いかけてくる
サナ
サナ
ミナ、ツウィ、こっち!
サナ
サナ
前の席とったよー
しっかり、一番前の席をキープ


ここなら、テヒョンくんがたくさん観れる
ツウィ
ツウィ
언니 たち〜
ツウィ
ツウィ
ちょっとグクのところ行ってきますねー
そう言って、ツウィはグクのいるベンチまで走っていった

ベンチを見るとツウィがグクくんに差し入れを渡したり、抱き合ったり、楽しく話したりしてる
ツウィ
ツウィ
❤️
グク
グク
❤️
いいなー



私もテヒョンくんと付き合ったらこんなことできるのかなー



なんて想像をしたら
ミナ
ミナ
ねぇ、サナ
ミナ
ミナ
あそこにジヒョちゃんがいるよ
サナ
サナ
え?どこ?
周りを見渡す


ジヒョちゃんてば、サッカー部のベンチに入り込んでる
ジヒョ
ジヒョ
これ、差し入れ
ジヒョ
ジヒョ
食べてね
テヒョンくんに、大きな箱を渡している
ジヒョ
ジヒョ
こっちの水筒には、アイスティーが入っているから
男子
男子
さっすがー、ジヒョちゃん
男子
男子
気がきくよなー
サッカー部の男子が、心なしか、デレデレしているような…





これから、試合なのにそんなにデレデレしてていいのか〜!
ミナ
ミナ
さなは何か差し入れ持ってきた?
ミナが聞いてくる
サナ
サナ
いや、なんにも
ミナ
ミナ
え、スポーツドリンク一本でもいいから持ってくればよかったのにー
サナ
サナ
そうか、しまった


失敗した!



私なんにも持ってきてなかった


テヒョン
テヒョン
ジヒョ、サンキュー
テヒョンくんまでデレデレしちゃって!
女子2
女子2
ちょっと〜
女子2
女子2
ジヒョちゃんずうずうしかない?
すぐ近くから、クラスの女子の声が聞こえる
クラスの女子3
クラスの女子3
恥ずかしくてできないよねー
クラスの女子3
クラスの女子3
フツーは
女子2
女子2
手口みえみえだよねー
だよね



そう思ってるのは私だけじゃないはず
女子2
女子2
でもなんだかんだ言って、男子は好きでしょ
クラスの女子3
クラスの女子3
テヒョンくんも嬉しそうだしね
女子2
女子2
女子からすればわざとらしいけど
女子2
女子2
男子からすれば気が聞いてるって思うんじゃない?
クラスの女子3
クラスの女子3
完全に、ジヒョちゃんの作戦勝ちだよね


私が呆然のする中、試合は始まった




















next.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

메이
메이
リムったら2倍でやり返す めい 中2 バスケ部 TWICE、BTS 、SEVENTEEN えま 高1 バスケ部 レドベル、X1 夜行性です 紫担当&紫が好きすぎる人間 #🐶🐰/わんらび共和国 #🍒💋/ちぇりらんど #🐣💎🦄 /ユーンズ #🌙💎 #💎🌸🌿/おはろー #🐶🦇🐰 #🐹💕/オヒョパラダイス #🐺🌧 #🍓🥀 私のファンマ #💙❤︎💜 私のファンネ #purple love つけてね♡ リア充破滅同盟→ user/90d5f4+ おバカ同盟→user/db7f5e+
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る