無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

30




テヒョンくんとジヒョちゃん、目と目で、アイコンタクトなんかして、なんだか、すごく親密ムードなんだよ


なに、この雰囲気


夏休みになにかあったんじゃ…
男子2
男子2
お、テヒョン、なんだよ
男子2
男子2
これから、ジヒョちゃんとどっかいくのか?
テヒョン
テヒョン
うん
テヒョンくんが答える
テヒョン
テヒョン
じゃ、おれ、用事あるから
テヒョン
テヒョン
さき、帰るわ
テヒョンくんがそう言って、ジヒョちゃんと2人で、先に帰っちゃった


え!



すかさずサッカー部の連中からひやかしの声が聞こえる
男子
男子
おお、デート
クラスの男子3
クラスの男子3
やるなー、テヒョン
ひやり


いやな予感がするの
男子
男子
テヒョン、夏休みに、ジヒョちゃんから告白されたんだろ?
男子2
男子2
まじ?
男子2
男子2
でも、前から仲よかったじゃん
男子2
男子2
あのふたり
クラスの男子3
クラスの男子3
ついに正式に付き合いだしたってことだよ
男子
男子
いいな
男子
男子
テヒョンがうらやましい
男子2
男子2
ジヒョちゃんってアイドルぽいもんな
サッカー部の男子の会話に、私、その場で立ち止まる



頭が空っぽになって、もうなにも考えられない



一人になりたくて、とぼとぼと校庭を歩いて行った


4月、ここで、初めてテヒョンくんと話したよね


クラスで浮いてた私を励ましてくれた



いつも明るくてやさしいテヒョンくんが大好きだった


1年の時からずっと好きだった


でも、もう、好きでいちゃいけないんだね


そう思ったら、心にぽっかり大きな穴があいた気がする


告白する前に失恋しちゃった


二人は両想いなのに、その気になって、ただのウワサに舞い上がって、わたしってば、ほんと馬鹿みたい



そう思ったら、顔がゆがんで、熱いものが目頭にかけあがってくると、ぼろぼろ、頰に涙がこぼれ落ちてきた



胸が苦しい


ためていた思い


つたえられなかった思いが、全部、涙になって心から、あふれて止まらないよ












家に帰って自分の部屋で思いっきり泣いた



なよん언니 が心配してくれたけど


そんなことはおかまいなしに泣いた


























next.

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

메이
메이
リムったら2倍でやり返す めい 中2 バスケ部 TWICE、BTS 、SEVENTEEN えま 高1 バスケ部 レドベル、X1 夜行性です 紫担当&紫が好きすぎる人間 #🐶🐰/わんらび共和国 #🍒💋/ちぇりらんど #🐣💎🦄 /ユーンズ #🌙💎 #💎🌸🌿/おはろー #🐶🦇🐰 #🐹💕/オヒョパラダイス #🐺🌧 #🍓🥀 私のファンマ #💙❤︎💜 私のファンネ #purple love つけてね♡ リア充破滅同盟→ user/90d5f4+ おバカ同盟→user/db7f5e+
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る