第39話

38.もう隠さない
神坂side
『ん〜、怪我の理由話す前に、今まで隠してたこと、話してもいい?』
西畑「ん。ええよ。」
『うちが、どんな人間でも受け止められる?』
藤原「おう。」
『本当に、受け止められる?』
正門「俺は、絶対受け止めるで。」
『避けたりしない?』
高橋「しない。絶対。」
『全員?』
道枝「当たり前や。」
大西「あなたがおらんとなにわ男子やっていけへん。」
長尾「過去がどうとか関係ないで。」
大橋「どんなあなたも受け止める。」
西畑「俺らには今のあなたが必要やから。」


『そこにおる人らも?』



末澤「気付いとったんかい笑」



『そりゃ気付くわ笑』


佐野「俺らも、受け止める。」
末澤「当たり前やん笑」
リチャ「過去がどうであれ今のあなたは関ジュに必要やからな笑」
小島「そやで笑」
福本「受け止める以外無いやろ。」
西村「んー、殺人鬼で無ければ笑」



『…は?』




風雅「冗談にも程があるで拓哉。」
西村「ごめん笑」
風雅「まあ受け止めるってことやから。」
嶋﨑「俺らも避けたりせんよ!」
當間「大丈夫。受け止める。」
岡﨑「受け止める!」




『信じるからな?』




みんな「「おう。」」






『私は…(第4~6話(3~5)参照)』






高橋「じゃあさっきの男の人は…」
『そう。うちに喧嘩で負けた奴ら笑』
正門「なんか…予想通りやな?笑」
『え?笑』
正門「やって入ってきた時からタメなんてなかなかおらんで?笑」
『ま、まあ…w』
西畑「あなたが元ヤンなんは分かった。

けど、今回はなんなん?」










『今回は、、、喧嘩、だよ。』











西畑「え?」




『こないだ、ファンレでカッター入ってたのあったでしょ?あれ、うちへの挑戦状だったんだ。』




正門「挑戦状?」





『そ。【SUMMARYの神坂】にね。』





高橋「あなたが…SUMMARYにいた事を知ってた…?」





『挑戦状は、元dangerのチンピラからだった。』






藤原「…負けたん?」





『あ?』




藤原「そんな傷だらけで…」




『ふはっw 勝った勲章だわw』
みんな「「は?」」
『ヤンキーは普通拳で闘うじゃん?』
西畑「そーなん?」
『そーなんですよ笑』
正門「へぇー」
『だけどあのチンピラ金属バット使ってきやがって』
高橋「えぇ!?」
『それで怪我したって訳よ笑』
正門「うん。で、負けたん?」
『いやだから勝ったって笑』
西畑「じゃああなたも金属バット使ったん?」
大西「でもそしたら正当防衛にならんよ…?」
藤原「え?あなた?」
『((ボソッ  んなわけ…』
正門「あなた?もう隠さんといて?」
『んなわけねぇーだろーがよ!』

みんな「「ビクッ」」

『こっちは正々堂々拳でぶっ潰して来たわ!』
みんな「「…」」
『なめてんじゃねーぞてめぇ』
西畑「ごめん。俺らなんも分からへんねん。」
大橋「ま、まぁ落ち着きや?」
『…はぁ。』
みんな「「…」」
『…ごめん』
末澤「ごめんな、あなた。

俺らもヤンキー界よく分からへんねん笑

でもな、あなたがめっちゃ強いんは分かった。」
『…』
末澤「やって、金属バット相手に素手で勝ったんやろ?それって簡単に出来ることちゃうやん。」
『そーだよ?』
末澤「ただ、無茶はせんといて?」
『…うちだって、喧嘩するつもりなかった!』
正門「あなた、みんな怒ってる訳ちゃうから。」



『こうなるから言いたくなかった…』
『どーせ馬鹿にされる、そう思ってた。

小さい時からそう。

女だから、どーせ弱いって。

ジャニーズに入る頃はもう最強だったから、

女1人なことは怖くなかったけど。

ただ、アクロとか、力の面では、

強いなんて言っても馬鹿にされる。

ありえないもん。中3女子で日本一なんて。

だから入所の時に言わなかった。

そしたら、言うタイミング分かんなくなって。

それで今に至る。

うち割とアンチとか悪口とか気にしないけど、

なめられること、それだけは嫌。

今みたいに、なめられたらヤンキーの時みたいに口悪くなるし、キレる。

それでこの仲良しな関ジュの絆を壊したくなかった。

今だってほら、雰囲気最悪。

これが嫌だっつってんの。』






西畑「ごめん。でも、話してくれてありがとう。」




『…ひいた?』



正門「んなわけ無いやろ?笑」
末澤「あなたがおってくれれば、関ジュの絆は壊れへんで?」
藤原「むしろ話してくれて深まるんとちゃう?笑」
高橋「俺ら受け止める言うたやん笑」






道枝「でも素手で闘ったんなら正当防衛やんな?」


長尾「そやで!あなた強すぎや!笑」
西村「調子乗ったらぶっ潰されるやん笑」
風雅「ほんまやめとけ」





末澤「じゃあこれで一件落着?」
正門「そーやんな笑」
福本「とりあえずあなたが無事で良かったわぁ〜」
リチャ「ホンマやで!」






『もうこれで隠し事無いわ。』





高橋「じゃあこれからはもっと頼ってな?」
西畑「そやで!喧嘩売られたら俺らも行くわ!」






『絶対負けるからやめとけw』


















ってことで言いたいこと全部言ってスッキリしました

なめられると情緒不安定になるの直さないとなぁ…

もう喧嘩売られることもないと思うんで早く怪我治してアイドル頑張ります笑







〰︎〰︎〰︎〰︎

更新遅くなってすみません💦

あとめっちゃ長文ですね…笑

コメントくださった方々ありがとうございます!