第2話

1.lesson
振付師「ワン、ツー、スリー、はい!そこ!」

振付師「西畑ちょっと遅れてる。」


西畑「はい!」


振付師「じゃあちょっと休憩して。」


全員「はい!」














西畑「なぁーあなた〜。ここ教えてくれへん?」

『あー、さっきんとこ?いいけど。』

西畑「ありがとう!」




長尾「あなたーー!!!!数学わかんない!」

『後で教えるからちょっと待って?笑』



高橋「あなたー、鏡〜」

『うちは鏡じゃねぇーんだけど。そこの机に置いてあるから使って。』

高橋「ういー。((ボソッ やっぱ俺かっこええわ…」


大橋「あなた!この歌合わせへん?」

『そんなに一気に出来ねーよ、笑』



道枝「あなた!ジュース何がいい?」

『おぉ、ありがと。りんごジュースで。』

道枝「りょーかい!」



藤原「ねぇあなた見て!この選手凄ない!?」

『あぁー分かったから。』



わたくし神坂あなた。

休憩に入るとメンバーから総攻撃を受けます。

うちは1人しかいねーんだよ!笑

踊りながら勉強教えて歌って動画見て!?

そんなに一気に出来る訳ねーだろ!

あ、みっちーだけ優しいわぁー。



って思いながらもちゃんと全部やります。

え、偉くね?うち、めっちゃ偉くね?













西畑「ありがとう!分かった!」
長尾「やっぱあなた天才や!」
高橋「この髪型良くね?」
大橋「あなた歌上手いなぁー!」
道枝「りんごジュース買ってきたで!」
藤原「もうちょっと興味持ってくれへん?笑」




これがevery dayです。

まぁこんなうるさいとこも好きなんだけどね。

ぜってぇ本人には言わねーけど。