第13話

12.Secret
高橋side
ガチャ

神坂「ただいまでーす」




あ、帰ってきた。




『なぁあなた、ちょっとええ?』


神坂「へ!? あ、うん。」



なんでそんな驚いてんねやろ、









あなたside
よし、普段どおり、普通に入ればいい。






ガチャ

『ただいまでーす』


…いや返事無しかーい笑






高橋「なぁあなた、ちょっとええ?」


神坂「へ!? あ、うん。」








おーまいごっと。おーまいごっとですよ皆さん。
これはぁ、気付かれたパティーンだよね…
えぇ、どないしましょ。






高橋「なぁその怪我、アクロバットやろ。」








…え? いや、は?







『見て、たの?』




高橋「俺が見たんはこないだやけどな笑」


『は?』


高橋「アクロバット、lesson前に練習してんやろ?」


『…っ、そ、やけど…』


高橋「やから、それで怪我したんかなって。」


『…』


高橋「別にアクロバットやってる事に対してはなんも言わん。ただ、理由までは言わんくても怪我してる事ぐらい言いや?」


『…ごめん。』


高橋「ん。それでええわ。」


『…っ…このことは!…他のメンバーには、その、言わない、で?』


高橋「え?」


『その、怪我してる事は言ってええ。けど、アクロバットやってる事は言わないで欲しい。』


高橋「ん。分かった。」


『ありがと。』


高橋「あ、もうちょっと、俺らの事、頼ってくれてもええんやで?」


『そう、だよね、ありがと。』





やばたにえん。




バレてたんか…


んまぁ、1人ぐらいいっか。





…いや待って!?






1人やないわ笑





元はと言えばまっさんだって勝手に見たんやん!














高橋side
やっぱり。アクロバットやったんや。
言ってくれればええんに。
別に悪いことやないやん!?
むしろ凄いやん。
俺が見たんはバク宙だけやったけど、スピードえぐかったで?
Snow Manさんら辺よりもレベル高いで?
運動神経バケモンやん。
それであのダンスやで?
なぁあなた…俺がシンメでええの?…






『((ボソッ  俺ってまだまだやな…』




道長 「「え?」」
『あ、いや』








あなたに頼って貰えるように、おれも頑張ろ。