第10話

9.アクロバット
あなたside
ふぁーあ
やべぇ、くっそ眠いw



『えーっと今日は?どこのスタジオ空いてます?』


管理人「第1スタジオなら空いてますよ。」


『あざまーす☆』


管理人「今日も元気ですね😊」


『んまぁ元気だけが取り柄なんで?笑』


『あ、まっさん来たら第1スタジオ行けって言っといてくれません?』


管理人「クスッ😊 分かりました。」





ここの管理人さん女の人で優しいからめっちゃ好きなんよね〜
今日のlessonは10:00~やから、まっさんは8:00に来るっしょ?

ってことで7:00に来ました!
なんでかって?
歌とダンスは見られたくないんよね〜笑
アクロはさ、誰か居ないと怪我した時やばいじゃん?
さ!やりますか。笑
『ん〜、やっぱダイヤモンドスマイルかな。』
〜♪
『ん!良き良きw』
『さぁーてと。次はあれかな。』
そう。皆さんも知ってますよね?
あの日Sexy王子様のソロ曲。

次のLIVEでやりたいって言ったら健人くん本人がいいよって言ってくれました♡♡
まじ神です。拝みます。
曲は【Hey!Summer Honey】
明るめで割とキーが丁度いいの。
〜♪
『あ、動画撮って送ろ』





あなた

健人くん!サマハニ踊ってみたんですけどどーですか!?

あなた

⏯️ 動画を送信しました

『バックの子も考えとかないとな〜』






ピコン♪
え、待って、返信めっちゃ早い!やば♡♡






健人くん
健人くん
お!いいんじゃない?てかなんなら俺より上手い!笑






え!?待って…♡


((きゃぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあ!







あなた

ありがとうございます!

あなた

めっちゃ嬉しいです♡








LIVEまでにもっともっと上手くなってみせる☆

ファンのみんなのキャーポイントもあるからめっちゃ楽しみだな♡♡




『2Facedも踊っとくか。』




そうなんです、わたくしこの曲得意なんです。
なんでかって?下半身が柔らかいから★
いや、女子なんですけど、腰振り得意なんです((




『やばっ!もう7:50じゃん!』










正門side
アクロやる時はいつも呼び出される正門です笑
でもいつも着くと既に準備万端なんですよね。
10分前に行ってもやで?
やから、今日は30分前に来てやりました。
え、偉くない?7:30やで?







管理人「あなたちゃんが第1スタジオ行けって言ってましたよ😊」


『え?あ、ありがとうございます😊』





って事で呼び出された第1スタジオ行きますかね。
〜♪
え?なんか曲聞こえるんやけど。
まさか踊っとらんよな…




はーい、予想的中でした〜笑
あれは…2Faced?


凄いな、ホンマに女子か?笑


んまぁ見とこ。













なぎさside


7:53なうです。マット3分で準備しました。




正門「よ!」


『早くね!?』


正門「おいおい笑 来てやったんだからさ…」


『うそうそ笑 ありがとね。』


正門「おう。」






さぁさぁアクロやりましょー!

٩(.^∀^.)งLet's go((パクンな!by樹
頭グキっていくんでね、準備万端です。
そしたら言い訳出来んもんw



『最初はウォーミングアップっすね』
ヒュッ


スタッ


正門「やっぱ凄いな笑」


『いやまだバク宙だしw』


正門「いやそのスピード?とかが他とちゃうやん」


『そぉ?ん〜、ヤンk、あ、高校生ならこんぐらい普通やと思うよ!』


正門「そんな事ないで笑」





やっばい口滑った…

そろそろまずいです((
ただの生意気な子のフリしてるって思わせてて、元ヤンって言ってないんだよな…
やから、丈くんとかにもそのキャラやめたら?ってよく言われる。
ほんとはキャラじゃないんだよ…
まぁそんなこと言うつもり無いし、なんならアクロも秘密だから。
まっさんには見られちゃったからしゃーないけど笑






『次はバックレイアウトとフラッシュキックかな。』


正門「そんなん初めて聞いたで?」


『バク宙の応用編みたいなもんよ。』


正門「はーん、」




シュッ


スタッ




シュッ


タタン


そう。フラッシュキックは片足ずつの着地。

この技は2つとも腹筋使うんだよね〜

元ヤンの時に鍛えたおかげで出来てます☆

そそ、見せてないけど腹筋割れてるかんな?

なめんなよ?




『あと何やればいいと思う?』


正門「いやもう十分やわ笑」


『もうちょい高難易度のやつ探すわw』


正門「あ、じゃあこれは?ウェブスター」


『あ、出来る。てかその隣のフォーリアも得意。』


正門「バケモンや」


『残念でした〜人間です〜笑』


正門「ウザイわぁー笑」




って事でウェブスターとフォーリアやります。




シュッ



スタタッ



シュッ



タタン






正門「はぁ?体どーなっとんねん」


『え?普通だけど?』


正門「バケモンや、バケモン。」


『でもこれよりヤバいのあるよ?』


正門「あぁ、ほんまや。あるある。」


『そそ、フルツイストとかコークスクリューとか』


正門「さすがにこれは出来ひんとちゃう?」


『あ、今まっさんうちの心に火つけた。』


正門「え?」


『これ出来るようになるまでずっとやるわ。』


正門「えぇ、怪我せんといてな?」


『んなもん知らん!』




はい。やってやりますよ。というかこないだ出来たんですよ。

ただこの2つはひねりが入るからかなりムズい。

SUMMARYで出来る奴いたけど何回か失敗して病院行きだったし笑

まぁ、怪我しない程度にね笑




シュッ

クルッ

タンッ




『え!待って!まっさん!出来た!』


正門「おぉ。やばいな。ホンマに。」


『よっしゃぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあ!』


正門「はいはい、うるさい笑」


『ヤバない!?フルツイストだよ!?』


正門「やから言うたやん、バケモンやって。」


『それはまた違う。』


正門「いや何がやねん」


『まだコークスクリュー出来てない。』


正門「ホンマに…怪我せんといて?心配やから」


『大丈夫大丈夫!余裕ですよーん✌️』




いや、ちょい待て、これどーなってんの?

足どこ行ってんの?は?




あ、分かった。いけるわ。




トンッ


シュッ


グキッ




『った…』


正門「え?ちょま、大丈夫!?」





神坂あなた。やらかしました。おわた。

着地に失敗致しました。

待って、今日のlesson通しじゃん。

痛いじゃん。長時間じゃん。

ちーん。おわったー。





正門「いいから冷やして!」


『ん、ありがと。』




平然装ってるけど全然大丈夫やないかんな!?

あ、関西弁出てもうた笑

あ゛ぁ待って無理無理無理痛い痛い


『今何時?』


正門「え?9:45やけど?」


『え!待って!やばいじゃん!バレる!』


正門「えぇ、いっその事言えば?」


『絶対やだ。言う時は口じゃなくて見せたい。』


正門「んー、しゃーないな…

俺の膝んとこ座っとく?そーすれば見えにくいやろ」


『おぉ、ナイス。』


正門「じゃあマット片付けるから待っとき?」


『ん。あざす。』




はい、わたくし神坂、リア恋ギタリストの足の間にいます。

そして、まっさんがバックハグ状態でギター弾いてます。




…いやカオスやんw






正門「練習キツかったら俺に言う。分かった?」


『うぃっす。』





いや、惚れるやん、やめろ笑

まぁそんなん本人には言わんけど。





正門side
やーばい。めっちゃ可愛い。
俺の足の間にあの悪ガキが座ってます。
こうなると可愛ええ。
ほんと、怪我には気をつけて欲しいなぁ笑
あとさ、今日もヤンキーって言いかけた?
まさか元ヤン?
そーやったとしても言ってくれへんかな…








〰︎〰︎〰︎〰︎

めちゃくそ長いですね!ごめんなさい!

3000字ですってー笑