無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
26
2021/11/23

第1話

声が無いだけで…
名前
僕…真人(まひと
兄ちゃん…秋人(あきと
ツンツン(ねぇ、兄ちゃん
兄ちゃん
なんだよ!!
ビクッ
…兄ちゃん、こんなんじゃ無かったのに。
それも僕のせいだよね…








ごめんなさい…
僕は突然、声が出なくなった…
病院では【 心因性失声症】と診断された。心因性失声症、ストレスなどによって発症する病気らしい。それが、僕の家族を壊した…全て僕のせいなんだ。
それからは、どんどん悪い方向へ行くばかり…いじめは酷くなり、色んな関係が崩れ、僕の味方が居なって、、一つ一つ挙げていくとキリがない。


今も…
いじめっ子
今日も学校来たんだー
いじめっ子、
わー、偉いねー
俺らにいじめられるだけなのに
いじめっ子。
コイツ返事出来ねーから言う必要ないだろw
…っ!
いじめっ子、
あーwそうだったなww
返事出来ない…僕が言われて嫌なこと、彼らは気付いて無いけど。
声で伝えらえないだけなのに…僕だって、紙に書けばコミュニケーションは取れるのに…
“羨ましい”といつも思う。
僕だって、前まではあっちの世界だった…声があった
…いじめはあったけど。
でも、、
   楽しかった。

お母さんはいっつも笑っていて、お父さんはいっつも優しかった、兄ちゃんもいっつも僕の隣にいて…
声を失うまでは。
(僕もあっちに連れてってよ…












僕は先生に相談してみた…いじめのこと
(先生、僕いじめられてます
先生
うん、知ってたよ…
(えっ…
(じゃあ、なんで…
先生
初めてだったから…真人くんが。
(…?
先生
声が出なくなった子を見たのが…
…っ!
先生
…どうして良いか分からなくて
先生
ごめんね
(僕もどうしたらいいか分からない…
(でも、助けて欲しい…
先生
先生は、真人くんの味方だよ
(……
味方、か…
何度も聞いてきた…そう言った人はいつか裏切るか、僕のことを忘れる。
(助けて欲しいときくらい声に出して言いたいのに…









兄ちゃん
…なんで真人なんだよ!
兄ちゃん
ねぇ、なんで!
兄ちゃん
いっつも、真人だけが…辛い思いするの…?
兄ちゃん
俺だって、俺だって…
兄ちゃん
……はぁ
……
兄ちゃん
…っ!
兄ちゃん
聞いてたのかよ…
コクコク(うん
(ごめんなさい…
兄ちゃん
俺も、ごめんな…
(兄ちゃんは、僕の味方…?
兄ちゃん
俺は…周りのみんなに嫌われたく無くて…真人に言ったことは全部、嘘…
(よかった…
兄ちゃん
でも、今更変えられない…
…ッ!
兄ちゃん
ごめんな…自分のことばっかりで
……(そう、だよね…
仕方ない事だと自分に言い聞かせた。だけど…なんでか涙は出てくる…
兄ちゃん
ごめんな…
謝らないで欲しかった…
でも、そっと抱きしめてくれたのはやっぱり嬉しかった














このまま大人になっていくんだと思うと凄く怖い…
これを聞いている君が声を失えばよかったのに…