プリ小説

第2話

そして2話から本題!今に至る!





んで、1年経った今に移るわけなんだけど






今なんだよ、問題は。





なんか俺笠見先輩に最近嫌に…






あー、まぁネタバレ言わないけど











笠見先輩はいつものように後輩2人に教えている。
笠見 遥斗
もう少し口を…。
芽原 結女
このくらいですかね?
笠見 遥斗
そうそう、で、吹いてみて
藍田 玲央
あのー、槇原先輩!
ここどうやったら音出るんでしょーか?
槇原 優輝斗
………
藍田 玲央
あのー、槇原先輩…?
槇原 優輝斗
はっ、!ごめん!なになに?




ダメだな。俺ってば先輩なのに。





ボーってしちゃって、。






長嶋 愛芽
笠見先輩〜!ちょっと音が出にくいんですけどぉ、これって何かありますかね?
笠見 遥斗
あー、どうだろ?リガチャーも少し閉めてみたら
長嶋 愛芽
分かりました!!✨




やっぱね、みんな分かるでしょ!笑
笠見 遥斗
槇原君、藍田君と結女ちゃん、頼む。
槇原 優輝斗
あ、はい!





笠見先輩どこ行くのかな。



別に気にしたりしてないけど。
槇原 優輝斗
あー、じゃあドレミ吹けるようになった?
芽原 結女
はい!
藍田 玲央
はい
槇原 優輝斗
じゃあ練習してみて



なんで笠見先輩は俺に頼んだんだろう?2人も。




愛芽もいるのに。





槇原 優輝斗
愛芽、あの、結女ちゃん頼んでいい?
長嶋 愛芽
うーん
槇原 優輝斗
1人ずつ半音階教えようかな。





それから数分後






ガラッ…






槇原 優輝斗
あ、笠見先輩おかえりなさい
長嶋 愛芽
あ!笠見先輩!半音階おしえちゃったんですけどぅ〜、
テナーサックスあってるか わからないので愛芽とチェックお願いします〜!
笠見 遥斗
あー、後で!
長嶋 愛芽
はい!
笠見 遥斗
槇原君ちょっと話あるからきて、
槇原 優輝斗
はい?









何々何々何々何々何々何々何々何!





笠見 遥斗
槇原君さ、長島さんに自分から頼んだの、
結女ちゃんのこと
槇原 優輝斗
え?頼みましたけど
笠見 遥斗
そっか、俺は槇原君に頼んだんだけどな、
槇原 優輝斗
あ、、ごめんなさい。
笠見 遥斗
あー、いいよいいよ大丈夫。
ま、練習頑張って。





そう言って俺の頭に手を置いた笠見先輩の横顔は






ほんのり頬が赤く染まってたように見えた。







そんなわけないだろーけど!!



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ayaminana
ayaminana
あまり面白い様なものは書いていない自己満足者ですが読んでくれたら嬉しいです。 よろしくお願いします。