無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

ユーキ
え、なに、君たちほんと付き合ってんの?
あなた

いや、たくやとは付き合ってないよ

タクヤ
うん笑付き合ってないよ笑
カイ
え、待って、これ触れていいのかな
あなた

ん?なにが?

カイ
たくや"とは"ってなに?
あなた

え、?

8号車
え?
タクヤ
そういう意味じゃないでしょ?
あなた

ん?

リョウガ
あ、わかってない感じっすか笑
あなた

んー、、あ!たくやとは付き合ってないよ!

8号車
笑笑
タカシ
いやだから!笑
そのたくや"とは"に突っかかってるんや笑
あなた

とは、ってとは、じゃん

カイ
え、誰かと付き合ってる、って言うことですか?笑
あなた

え、笑なにそれ言わなきゃダメ系?笑

タクヤ
それは自分次第じゃない?笑
だって俺ら恋愛禁止じゃないわけだし?事務所も俺たち次第みたいだし笑
あなた

え、まあどっちでもいいやー笑
付き合ってる付き合ってないはみんなのご想像にお任せします笑

ユーキ
あ、これいないな笑
あなた

うるさいなぁ

カイ
あ、じゃあただ単に日本語ができないってことで笑
あなた

それめっちゃ気にしてんの

8号車