無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

カイ
すると、、入試は英語だけじゃなくて数学と国語も満点、理科社会はあと10点必要か必要じゃないかくらいの好成績で特待生の中でも1番上のなんと特待生Aで入試に合格していたそうなんです
ユースケ
え、すごすぎてすごいしか出てこない
あなた

何言ってるかちょっとよくわかんなすぎてわかんない

ユーキ
2人ともわかんないことしか言って無さすぎてわかんない
タカシ
あなたは同じような事言っただけなのにw
あなた

真似しただけなのにわかんないとか言われちゃったしーw

リョウガ
っていうかさ、なんでたくやはそんなにあなたのこと知ってんの?
ユーキ
ね!俺らでも知らないのに
あなた

だから!生年月日!!!!

ユースケ
がなに?
あなた

私たくやの弟でEBiSSHのリーダーのNAOYAの同級生で幼稚園の頃からの幼なじみなんだけど!

タクヤ
だからよく遊んでたんだよな!
あなた

私やりたいなんて一言も言ってないし寧ろできないからやだって言ったのにサッカーやらされて2人の凄さについてけずにそのままぼーっとしてたらみぞおちにシュートされた

タクヤ
いやそれはまじごめんw
カイ
え、それはやばいw
タカシ
その頃は芸能活動やってたん?
あなた

やってたけど今以上に知られてないからまだいいけどその当時に私にファンがいたらたくちゃん今ここに入れてるかもわかんないからねw

リョウガ
あぶなw
タクヤ
それはやべぇw