無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第120話

タクヤ
ももクロさんが6人時代の時、女優として活躍されている早見あかりさんがいらっしゃったのご存じですか?
ユーキ
知ってる
タクヤ
最初は早見あかりさん推しだったんです、あの子
そもそもももクロファンっていうこと自体初耳やったんやけど
ファンじゃなくてモノノフだよ
知らんわそんなん!
笑笑
カイ
というわけで
早見あかり
こんにちは~
超特急全員
こんにちは!
スタッフ(以降スタ)
どうですか?ファンで且つ推しだったと聞いて
早見あかり
いやもう嬉しいです
お話を頂いたときに、信じられなくて、めっちゃ聞き返してて笑
だけど何回も本当だって言うから嬉しすぎて言葉が出ませんでした笑
実は私も好きで、あなたちゃんがデビューするって聞いた時から8号車で笑
あなたちゃん推しなんです笑
ユースケ
え、そうなんですか!?
リョウガ
え、じゃあ早見あかりさんは一日マネージャーになるって聞いた時にサプライズで、あなたはサプライズドッキリなんだ
カイ
理解出来てないですこの人たち笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

むん
むん
一定期間、事情によりいくつかの作品を非公開にします ・ フォロー、お気に入り登録、はーと、よろしくお願いします!コメントもお待ちしてます! はーとが来たらor気まぐれで更新 基本的に全体公開投稿にしてます よろしくお願いします︎☺︎
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る