無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

日本アカデミー賞
(古ネタになります)
(作者が作っているものなのでスピーチも全くの別物です)
映画、君の膵臓をたべたいより、2名、
北村匠海さん、あなたさん前のステージへ
今のお気持ちは
匠海
普段はDISH//っていうバンドのグループをやっているんですけど、何百人、何千人っていうファンの方々を前にして歌うことには慣れているのに、周りにはスタッフさんとか、ファンの方々がいないのに、初めての現場で、演技とかは普段はなかなかしないので緊張しちゃって、、でも、同じ事務所のあなたちゃんはあなたちゃんが所属してる超特急っていうグループと同期で、仲がよかったので、人見知りな僕が今ここに立ててるのはあなたちゃんとこの作品に出演するにあたってとても熱い、、熱血な演技指導をしてくださったきみすいの監督、スタダの演技指導の方、スタッフさんのおかげだと思っています
有難うございました!
あなた

えっとー、、w先に言わせてくださいw
超特急には一人一人担当が振り分けられていて、笑顔担当っていう担当をになっている私なんですが、実は意外と人見知りでかつスピーチが苦手なのであのー、、おかしいところがあるかもしれませんがw暖かい目で見守っていてくださいw
さっき匠海くんが言ってくれた通り、同じ事務所でグループとしては同期で普段からはカメラだったり古着だったりって共通点があって、、だけどさっきも言った通り人見知りな私ですが、、匠海くんと一緒だったから、スタッフさん、ほかの共演者さんと打ち解けて和気あいあいとした雰囲気の中作品を作ることが出来たと思っているので、共演者の方々、スタッフの皆さんに心より感謝申し上げます
ドラマも映画もでたことがない演技初心者の私を支えて下さりありがとうございました!
そしてメンバーのみんなも私の体を気遣ってくれたり、演技を教えてくれたり、、いろんな人に支えられてこんな素敵な賞を頂けてると思っているので、感謝でしかないです
本当にありがとうございました!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

むん
むん
一定期間、事情によりいくつかの作品を非公開にします ・ フォロー、お気に入り登録、はーと、よろしくお願いします!コメントもお待ちしてます! はーとが来たらor気まぐれで更新 基本的に全体公開投稿にしてます よろしくお願いします︎☺︎
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る