無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第104話

あなた

おはよーございまーす、、はぁ、、はぁ、、

タクヤ
いやなにどしたの
あなた

いやもう色々

ユーキ
めっちゃ怖くて叫んだんだけど
あなた

そりゃごめんなさい

カイ
8号車のコメント荒れてるよー笑
あなた

えどゆこと

カイ
インスタライブー
あなた

なうで?

カイ
そー
あなた

ほぉー

ユースケ
で、なにがあったの?
あなた

今台本とか色々もらって荷物多かったから開けるためにかばん置こうとして最初ペットボトル落ちたら階段どどどどって転がってっちゃってそれを取りに一回下がって戻ってくる間に鍵落として、次にレッスン着落として拾おうとしたら蹴っちゃって階段の下に落ちちゃって取りに行ったら今度大きい蜘蛛出てきて

タクヤ
いや大丈夫かよ笑
タカシ
痛い言うてたけど大丈夫なん?
あなた

だいじょばない
なんか冷すもんちょうだい

カイ
いやまず日本語が大丈夫じゃないんだけど笑