無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

カイ
はい、というわけで今回はあなたさんの経歴について明かして行ったのですがどうでしたか!!!!
タカシ
たくやと仲良い理由がしれた
あなた

たくやは私のおかげでここにいるもんね!

リョウガ
いや自意識過剰かよ笑
あなた

うっさいなー

タクヤ
リョウガ、あなたの言ってることほんとなんだ笑
リョウガ
え、そうなの?
タクヤ
あのね、こいつ、なおと幼稚園からずっと一緒なんだけど、小学校に行く時、なおが熱出して行けなくなって俺と2人で登校したことがあって、その時にスタダのスカウトマンの方があなたがその頃から子役やってて、あなたちゃんこんにちは!とか声かけられてあなたはその人のこと知らないから怖がってて俺がすみません、どちら様ですかって言ったらスターダストでスカウトマンやってる者なんですけど、お兄ちゃん、芸能界とか興味ない?って言われて、それがきっかけでここに入ったから
ユーキ
あなたと一緒にいたからスカウトされたのかもってこと?
タクヤ
そうだね
あなた

ほらね?言ったでしょ?
私が自意識過剰になるなんて珍しいんだから

タクヤ
そうだね笑
リョウガ
っていうことで今回のMVT決めていこうかと思うんですけど、、
ユーキ
たくやとあなたじゃない?
カイ
幼馴染ならではのエピソードね
あなた

私はこんな私のプロフィールを頑張って説明してくれたカイにMVTかなーって

リョウガ
じゃあ、かい、たくや、あなたに決定!!!
リョウガ
プロデューサーさん!
超特急全員
オファーお待ちしてまーす
収録後
あなた

地上波放送になってから尺伸ばして貰えるようになったしたくさんの人に見てもらえるし最高だね

タクヤ
んね
NAOYA
おつー
あなた

ありがと

NAOYA
らんちゃん帰っちゃったよ
あなた

私も今日急がなきゃ行けないんだよね、

NAOYA
あ、病院じゃん!
タクヤ
あ、そうじゃん!
あなた

いく?

草川兄弟
いく!!!!
あなた

急いで!!!

リョウガ
なんだなんだ?!
あなた

おっさきー

タクヤ
おさき
NAOYA
お先に失礼します!