無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

あなた

ふぁぁぁぁ
ねむ、

こんこんこん
あなた

はーい

がちゃ
あなた

え、まって、、

早見あかり
今日一日代理のマネージャーをすることになった早見あかりです
あなた

え、嘘でしょ、待って、
涙止まんない笑

早見あかり
なんで~!笑
あなた

私ももクロちゃんがデビューした時からずっと応援してて、9人時代も6人時代も5人時代も今もずっと見てて、応援してたし、大好きで、

早見あかり
そうなんだ!
あなた

だけど6人時代が一番好きで、ずっとあかりちゃん推してて、

早見あかり
ほんとに!?嬉しい(抱きつき)
あなた

うぅ、、

早見あかり
あーあー、笑
そんな泣かないで、私が悪者みたい笑
あなた

あ、ごめんなさい

早見あかり
いやいいんだけどね笑
あなた

え、本当に今日一日マネージャーやってくれるんですか?

早見あかり
うん、もちろん
このあと撮影でももクロと一緒で、そのあとLIVEリハで、そのあとドラマだって?
あなた

はい、

早見あかり
めちゃめちゃハードスケジュールじゃん
体壊さないでよ?
あなた

あ、はい、気をつけます

早見あかり
あ、敬語禁止ね
あなた

はい、あ、うん

早見あかり
よし、よくできた(頭撫で)
あなた

えー、もー、なんであかりんがいるのー

早見あかり
ふふっ、可愛いね
あなた

あかりんのが可愛い
まじであかりんと同じ空気吸ってるとか死んじゃう、

早見あかり
やめて困る笑
あなた

私あかりんの卒業LIVE本当に行きたくてスケジュール空けてたのに撮影入っちゃって行けなくて、ずっとそれが心残りで、、

早見あかり
そうだったんだ笑
まあそれはこの業界あるあるだから仕方ないよね
あなた

でもさすがに推しが卒業しちゃうっていうのに最後に会えないのは辛かった、

早見あかり
そっか笑笑
じゃあ今会えたからチャラで
あなた

もちろんだよ!
だってLIVEとかツーショよりも近い距離だしこんなに話せてるんだもん!

早見あかり
そうだよね笑
でもさ、
あなた

うん

早見あかり
正直、会ってるよね
あなた

え?

早見あかり
私超特急のLIVEまあまあよく行ってるんだけど
あなた

うそ!!!!!

早見あかり
ほんとー笑