無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第2話

今日は委員会があるため 朝はいつもよりはやくきた 。

だから 教室に誰もいないと思って



『 いっちばーーん ッッ !! 』



「 ぷっ 、笑」



『 あれ ?! 那須くん ?! 』



「 今日ははやいじゃん 、なにかあったの ? 」



『 うん 、委員会が … て 那須くんいつもこんなはやくにきてるの ? 』



「 うん 、朝練してるやつらみながら勉強するのがすきだからさ 」



な 、なんか独特 … 。



私と隣の席の那須くんしかいない教室 … 。



「 おはよーございます!せんぱい! 」



『 え 、飛貴くん ?! 』



「 先輩がくるとこみつけちゃったんで 笑 」



『 んふふ 、そっか 笑 』



那「 おい 、浮所 俺には挨拶ないのかよ 」



浮「 あ 、那須先輩 おはようございます ! 」



那須「 あってなんだよ あって 」



浮「 今日も可愛いですね!あなた先輩 !! 」



『 ッッ ... もう やめてよ ... /// 』



那「 ッッ ... 」



浮「 へっへ 、じゃあ またあとで! 」



『 もう ッッ ... 』



那「 はぁ 、」





少しの時間 、那須くんとの気まづい時間が続いた

けどそれは クラスのムードメーカーくんによって壊された

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

髙 橋  が ぁ る !
髙 橋 が ぁ る !
HiHi Jets ___ 髙 橋 優 斗 く ん 更 新 🐢 で す い ま せ ん ;;
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る