無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

36話





🐭「ほら、、」





そう言って 先輩が指を指すのは 洋服屋だった。





最近 服屋にも行ってなかった私からしたらすごく嬉しくて ついはしゃいでしまう。






先輩に見てもいいの とばかりに目を合わせようとすると






直ぐに目が合って





🐭「あぁ、見てこい?笑笑」





なんて言われる。





たくさんの洋服が並んでいるから走って見てみる。






『あ、これ……』






私が持っていると





ゆんぎ先輩がそれよ ばっ ととり






🐭「すみません、これ……」






なんていってた。







この人はまたそうやっていつも知らんぷりしてたくさんのものを与えてくれるんだ。











next