無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

21話




『………………』





🦁「ねぇ あなた」





『………?』





🦁「そんな暗い顔しないで?君のせいじゃない。」





『う、うん笑笑 ありがとう笑笑』





🦁「それじゃあ 僕はちょっと……」





そう言って 教室を後にする てひょん。




てひょんがいなくなれば 私は1人で席に座る。




すると





👩「ねぇねぇ!ちょっと隣……いい?」




そう言って私に笑いかけるのは 学校1美人って言われてる い じうん。





『あ、どうぞ!!』




なんて言って 急いで答えれば




👩「なんで敬語笑笑 私たち ためにしよう?笑笑」




👩「だって私たち今この瞬間」





























” 友達 ” になったじゃないの ____ .













※ あ、ちな、これ画像 あいりん ちゃんになってるけど、 あいりんちゃんじゃないよん!!☜は


一応 じうん ちゃん ということてででで☜は