無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話




そして、保健室を出るとある生徒とぶつかる。




『あッ!!ごめんなさいッ』




??「あぁ、僕は大丈夫です。えと………貴方の方が…大丈夫ですか?」




『え?あぁ、大丈夫です!!別に今日だけのものじゃないので!!笑笑』




??「え……?それって……」




『そッ、それじゃあ!!』



??「あぁ、ちょっと、!」




そう言って 手を引き止められる。




??「あの、迷惑だったらいいんです、その……」




























🐨「僕達の所に来ますか?」







『…………私といると貴方まで』




私がそういうのを遮るように その人はいう。




🐨「んじゃ、ここは先輩命令で」




next