無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

20話



今日は何もしないんだね ____





少しびっくりして じみんの顔をじっと見てしまう。





すると それに気づかれてしまったのか





🐥「なに、顔が汚れるからやめて。」





なんて言って下を向く。





『別にあんたの顔なんか……』





そうボソッと呟くと




🐥「ッ!!」




バンッ




勢いよく机を蹴り落とす。





みんなびっくりして 目線がみんな じみんへと向く。





🐥「お前はなんでもしてればいいだろ!!」




🐥「その てひょんとか言うやつと大人しく仲良くしてればいい!!」




『…………』




教室が ざわざわ している。




そこに てひょんが入ってこれば



🦁「……………なんの騒ぎ?」



なんて言って じみんのことを睨んでる。







🐥「ッ……………」




ようやく立場が分かったのか




じみん は 早足で教室を出る。




静かになった教室で てひょんは




🦁「…………ほんとに好きなんだねぇ」




なんて 言葉にしてたっけ.




next