無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

16話



『んん………』




目を擦り開けてみればあたりはすっかり夕方で



『寝てた……のか……?』



隣には私と同様に寝ている てひょん



『お〜い……』


なんて言って つんつんしてみても起きない。


『てひょん君!!』


🦁「…………ん?」



そう言って だるそうに目を擦り私を見る。



🦁「あぁ、僕寝てた……笑笑」



『私も笑笑』



なんて言って 2人で笑えば




🦁「送っていくよ」



そう言って私の分の鞄も持って廊下まで歩いていってしまう てひょん。



『ちょっと待ってよ〜笑笑』



久しぶりに笑えた今日この頃 ____ .




next