無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話




” 可哀想な人ですね ” _____ .







そう言うと彼は じみなを少しだけ手で押して 自分の席に座った。






当然、このクラスには じみなにそんな態度をとったやつなんて誰一人いなくてみんな唖然としている。






🐥「…………は?笑笑」





🐥「俺が?可哀想?笑笑」





🐥「おい!!」





そう言って 今度はその人にあたる じみな。





いきなり殴られそうになっていて それを見られなくなったからか 反射的に自分の体が前へ前へと向いていく。





痛いって分かってるはずなのに





何故か進んでしまった。






そして案の定私は床に倒れ込む。





🦁「………え?」




🦁「あ、あの……!!」





あぁ、少しだけびっくりしてる





この人にも焦ることなんてあるんだ……笑





あれ なんだか目眩がしてきたよ




その瞬間に私の視界は暗くなった





next





たるぎ から



まだ 出して4時間前ぐらい(?)なのに ☆100突破ありがとうございます!!


なんかすごく どろどろになっちゃってますが、面白い展開になるようにしっかりと考えて更新しますね!!笑笑