無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話




目を覚ますと 目の前にはさっきの名前の知らない変な人。





🦁「あの…大丈夫ですか……?」




『あ、えぇ大丈夫です。あの……』





『貴方の方が大丈夫ですか?』





🦁「………え?」





『だって 勇気をだして今日学校に来たのにいきなり私の見苦しいようなもの見せちゃったので……笑笑』





🦁「………………」




🦁「あなたはもっと自分の体を大事にした方がいいと思います。」




『………え?』




🦁「あなたも人間である以前に女の子なんですよ。僕はあなたのその……痣………というか……見てられないです、なんかごめんなさい……」




『あ、いえ!!全然大丈夫です!!むしろなんか見えるような場所を隠さずにいた私が悪いんです!!笑笑』




🦁「あの……」



『はい………?』



🦁「あなたさんは強いんですね……」



『………え?』



🦁「僕にはあんなに体張ったこと出来ないですもん笑笑」



『あぁ、あれは慣れてるだけで笑笑』



🦁「………慣れてるんですか」



『あ、、、うん、まぁね笑笑』


🦁「なんだかそれはほっとけないですね、、」


『あ、別に 気にしなくても』



🦁「それじゃあ、今日のかりだと思ってください。」



『あ、え?……うん笑笑』



🦁「今日から僕達は友達ですね、僕は きむてひょん です。」



『私は あなた!!』



🦁「あなた……いい名前ですね笑笑」



『そ、そりゃあ お母さんがつけてくれたんだからッ!!笑笑』



🦁「笑笑」




🦁「それじゃあ 戻りましょうか」




なんて言いながら 教室に戻れば次の授業が移動教室だったため 誰もいなかった。



next