無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話



私はそう問われた時、自然と涙が溢れた。




🐭「……………」























🐭「ごめんな」





………え?なんであなたが謝るの?




🐭「怖いよな、こんな今さっき会ったばっかのやつにいきなり自分が言われて嫌なこと言われんのはそれほど嫌なことはねぇって分かってる」




🐭「俺は知ってる」




🐭「だって 俺はそれを」


























🐭「昔、分かっていたのに助けてあげられなかった奴だから」



next