無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10話




🦁「………誰もいないですね笑笑」



『そ、そうだね笑笑』



🦁「今遅れて言っても何か言われるでしょうしここで何か話しましょうか笑笑」



『うん!!笑笑』




久しぶりに人と会話をしてる気がする。




家族でも なんでもなく



” 友達 ” という類で



それから私たちは話し始めた。



🦁「んじゃあ、僕になにか聞きたいことある?笑笑」


『ん〜、、あッ、あのさ………』


🦁「ん?」


『これ言ったら怒られるかもしれない……』



🦁「ううん、怒らないよ笑笑」


『………んじゃ、聞くよ?』

































『なんで私みたいなのに話しかけたの?』










そう私は問うと 少しだけ くすっと笑ってからこういう





🦁「んじゃあ、僕からの質問ね」




🦁「あなたちゃんさ」

































🦁「僕とあなたちゃんが同じ幼稚園だったの覚えてない?」






next