第7話

Part7🔞
プティ
プティ
警告!警告!
プティ
プティ
ハレンチだ!ハレンチ!
プティ
プティ
いいか!?警告したよ!?
プティ
プティ
本当にいいのか!?
プティ
プティ
いいんだにゃ!?
プティ
プティ
責任は…俺にある!
(`・ω・´)キリッ
プティ
プティ
というかなんであんなにバレたんですかね?‪w
_______________________
💙青柳 ろん(ころん)side💙
鷹乃 える(ジェル)
ほい!これ飲んでみ?
そう言って手渡したのは…媚薬入りのジュースだった
ジェルくんがあんな提案しなければ…!
鷹乃 える(ジェル)
でも全部飲まん方がいいかもしれん…
あなた

うん!分かった!

そう言って飲み始めたあなたを横目に考え事をしていた
周りの声なんて…聞こえないくらい…
紫 なな(ななもり)
え?飲みすぎじゃない?
桜田 みさと(さとみ)
え!わかばちゃん!?
佐伽羅 ると(るぅと)
ちょっと!そろそろ止めなきゃ!
あなた…僕がいなくても解決出来るのかも…
って…またネガティブな考えしてる…
ダメだな〜…僕…
赤宮 りい(莉犬)
ちょっ!ころちゃんも手伝って!
青柳 ろん(ころん)
…え?ごめん…考え事してた…なに?
赤宮 りい(莉犬)
あなたちゃんが…!
あなた

あれ?もう全部無くなってた?

青柳 ろん(ころん)
え?
そこには空になったコップがあった
鷹乃 える(ジェル)
あ…ヤバいかも…
紫 なな(ななもり)
どうしよう…
鷹乃 える(ジェル)
即効性にしたんやけど…
桜田 みさと(さとみ)
………………
あなた

あれ…なんか暑くなってきた…

佐伽羅 ると(るぅと)
効き始めちゃいましたよ!?
佐伽羅 ると(るぅと)
どうするんですか!
赤宮 りい(莉犬)
どうするもなにも…
青柳 ろん(ころん)
あなた…大丈___
あなた

ころちゃぁ〜ん…

青柳 ろん(ころん)
え!ちょっ!あなたっ!
あなた

ねぇ…ころちゃん…

あなた

ちゅ〜しよ…?

そう言って抱きついてきた
青柳 ろん(ころん)
ちょっ!止めてっ!近いっ!/////
僕の理性保てなくなるんだけど…!/////
赤宮 りい(莉犬)
あぁっ!あなたちゃん!
佐伽羅 ると(るぅと)
落ち着くてください!
紫 なな(ななもり)
どんな媚薬使ったの!?
鷹乃 える(ジェル)
えっと…効果は普通ぐらいで即効性…
桜田 みさと(さとみ)
普通!?これぐらいなら強かと思った…
紫 なな(ななもり)
効きやすい人もいるからね…
桜田 みさと(さとみ)
とにかく全力で止めるぞ!
佐伽羅 ると(るぅと)
今やってます!
青柳 ろん(ころん)
あなたっ!止まって…!
僕は甘えてくるあなたから離れるように距離を取った
あなた

なんで…離れちゃうの…?

あなた

もういいっ!りいくぅ〜ん…

そう言って莉犬くんに抱きついた
赤宮 りい(莉犬)
わわっ!あなたちゃんこっち来ちゃった/////
自分で違うところに行かせるくせに…
どこか行っちゃうと寂しいなんて…
矛盾だ…