第27話

Part27
💙青柳ろん(ころん)side💙
僕はあの部屋を出てから走った
あなたから離れるように…
青柳 ろん(ころん)
うぅ…ぐすっ…ひっく…((泣
どれだけ泣いても僕の好きな人はそばに居てくれない
どれだけ傷付いても…僕の傍には君はいない
青柳 ろん(ころん)
うわぁぁん…((泣
僕が…どれだけ声を張り上げても…君には届かなかった
泣きたくないのに…
応援したいのに…
なんだ素直に出来ないんだろう…
青柳 ろん(ころん)
………好きだったんだね…
前は…曖昧な気持ちだったのかも…
でも…こうなってから初めて気が付いた
これが…恋………なんだね…
青柳 ろん(ころん)
あはは…w((泣
青柳 ろん(ころん)
こんなにも好きだった・・・んだな…w((泣
今頃気付いても…
青柳 ろん(ころん)
遅い………よな…w((泣
_______________________
マネージャー(ゆそ)
『あなた!今どこにいるの!』
あなた

『すみません…』

あなた

『今日は体調が優れなくて…』

マネージャー(ゆそ)
『ちゃんと管理してね!』
みんなに…嘘をついていく…
私は嘘で出来ているのだろうかそんなことも考える
泣きたい…泣きたい…泣きたい…
でも…私は泣いてはいけない…
傷付けた側だから…
そして…意識を手放した
………目が覚めた時はさとみくんが居た
桜田 みさと(さとみ)
目…覚めたか…?
あなた

うん…

桜田 みさと(さとみ)
………ごめん…
桜田 みさと(さとみ)
俺と…別れよ…?
あなた

………え…?

桜田 みさと(さとみ)
俺…飽きちゃって…ね…?
あなた

分かった…ごめんね…

桜田 みさと(さとみ)
体調良さそうだから帰るね
桜田 みさと(さとみ)
お大事に
あなた

うん…ありがと…

桜田 みさと(さとみ)
幸せになってくれ…
小さく言った言葉が聞こえなかった
マネージャー(ゆそ)
『体調悪い時にごめんね?』
マネージャー(ゆそ)
『前言ってた海外の…どうするの?』
そうだ…忘れてた…
海外に行かないかって声をかけられたんだよね…?
………行こう…海外に…
だって…ここには私の居場所が無いもん…