無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
4
2019/08/31

第3話

なかなかうまくいかない…
もうすぐ卒業式だというのに謝らない私は友達に相談してみた。
愛莉
愛莉
ねぇねぇ、2人とも、もーりーのことどう思う?
奈緒
奈緒
どう思うって?
趙さん
趙さん
早く謝っちゃえば?
愛莉
愛莉
まぁねぇ笑
愛莉
愛莉
もっとドS聞きたいんだも〜ん!
奈緒
奈緒
あ〜、愛莉ドS好きだもんね〜
趙さん
趙さん
うち、ドS無理〜
趙さん
趙さん
どちらかといえばMがいい笑
愛莉
愛莉
逆にMが嫌なんだけど笑
命令してくれそうなドSが好き!
奈緒
奈緒
うちどっちも無理〜笑
奈緒
奈緒
もーりーは愛莉にだけドSじゃない?
それとモテないし笑
奈緒
奈緒
カッコよくもないし笑
愛莉
愛莉
まぁね笑
愛莉
愛莉
謝った方がいいと思う?
奈緒
奈緒
奈緒はね
趙さん
趙さん
私も
愛莉
愛莉
マジか……
愛莉
愛莉
まぁ考えてみるよ
奈緒
奈緒
うん
そして、卒業式の予行が近づいてきた
愛莉
愛莉
いよいよ卒業か……
奈緒
奈緒
ねぇ…卒業したくないんだけど
愛莉
愛莉
一生中学校にいたい
奈緒
奈緒
それな!
趙さん
趙さん
早く卒業したい
愛莉
愛莉
えー!
なんで卒業したいの!?
趙さん
趙さん
別に笑
愛莉
愛莉
絶対卒業したくない!
奈緒
奈緒
奈緒も!
愛莉
愛莉
ずっとここにいたい
そんなことを言っている間にあっという間に時間が経ってしまった。
そして、とても嫌な卒業式がやってきてしまった。
私達は朝来たら、まず胸に花がついたやつをつけて、廊下に並んだ。
(あだ名)もーりー
(あだ名)もーりー
おい、お前今日が何の日かわかってんのか?
愛莉
愛莉
えっ!あっ……うん……
(あだ名)もーりー
(あだ名)もーりー
じゃー言ってみろ
愛莉
愛莉
えー!今ここで!?
(あだ名)もーりー
(あだ名)もーりー
おう
愛莉
愛莉
それはちょっと……
(あだ名)もーりー
(あだ名)もーりー
はぁ!?
愛莉
愛莉
うぅ……