前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
1,254
2023/03/26 15:59

事の発端はつい先刻、ポートマフィアの首領森鴎外に呼ばれたことが始まりだった。
特に何かをやらかした訳では無いと思ったのだが、何かしでかしてしまったのだろうか。

こんな私を幹部は見捨てずに優しくしてくれた、だから私もその期待に応えようと、前の敵襲では力を最大まで出して戦った心算なのだけれど、



不味いことをしてしまったのかもしれない!!!
あー、殺されませんように。ドアを開けて部屋に入った開始1秒で殺されませんように。




あなた
首領、宇賀持あなたが参上致しました。
森鴎外
んねぇ!!エリスちゃん!!この前買った美飾服来てみておくれよ〜!!!エリスちゃあん!!
あなた
…首領。
エリス
嫌よ!!そういって、あと一着、あと一着とかいって、全然終わらなかったじゃないのよ!!!リンタロウには呆れたのよ!!やだ!!
森鴎外
そんなこといわないでよぉ!!エリスちゃん〜!!!
あなた
首領!!!
エリス
!?
森鴎外
ア、ご、ごめんね…
あなた
いえ、今のは見なかったことにします。
森鴎外
…それで。君を呼んだのはね、
あなた
はい。
森鴎外
実は、君の配属先が変わるっていうお知らせなのだよ!!
あなた
は、はぁ…今いる配属先とはまた別…ということですよね。
森鴎外
嗚呼、そうだ。その前に君は今回の件で大層活躍してくれて仲間も助かったと聞いているよ。
あなた
…有難きお言葉感謝致します。
森鴎外
まあまあ、そんなに畏まらなくても善いんだよ。
森鴎外
それでね、直々に君を引き抜きたいと申し出があってね。直ぐに了承したんだけど、如何せん君の活躍によって少し事情が変わってね。
あなた
はい。
森鴎外
明日から地方での任務が有る。それも一ヶ月もかかる大型の任務。これを君に任せたくてね。やってくれるよね?
あなた
い、っヶ月…は、はい!!精一杯!やらせていただきます!!!
森鴎外
良かった、君ならそう云ってくれると思ったよ。もう仕事はしなくて善いから出張のための準備をしなさい。
あなた
はい、ありがとうございます。失礼します。
そうして、一ヶ月の長期大型任務を終わらせて新しい配属先に行ったのは良いものの。
太宰治
はぁ、折角出し抜いてみたものの期待とは裏腹に無能だね。ガッカリだよ。
あなた
ぅ゛ッ!!も、申し訳こざいませんッ…幹部…
太宰治
君みたいな無能はこれぐらいか…まあ、まずまずの及第点だよ。さっさと持ち場に戻れ。
あなた
はい…ありがとうございます。
ボロクソにされる始末で…私、やっぱり…前の部署が良かった…
なのに!!なのに!!
あなた
…幹部!!お怪我は…え?
太宰治
太宰治
…やぁ。
あなた
…え、


え、なんか最恐が増えたんですけど!?!?

プリ小説オーディオドラマ