無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第2話 休憩時間
2
2022/03/22 07:36
授業終わりのチャイムが鳴る。
休憩時間の始まりだ。

昨日は少し遅くまでゲームをやりすぎたし、この時間に寝よう。

俺は目を瞑り、机に突っ伏した状態になる。
夢咲あまね
すぐるくーん?
あまねの声がして顔を上げる。
夢咲あまね
聞いて欲しいんだけどさー
夢咲あまね
私、選抜リレーメンバーになりました!
速水傑
ああ、おめでとう
あまねは元々運動神経がいい方で、クラスの中心ともよく馴染んでいたし選ばれたのだろう。後者は関係ないと思うが。
夢咲あまね
ところですぐる。今日も寝不足?
速水傑
あー、うん
夢咲あまね
今から寝るの?
速水傑
まあ…そんなところ…
俺が言うとあまねはふっと笑う。
夢咲あまね
おやすみ。次の授業が始まったらちゃんと起きてね
速水傑
…おやすみ
俺は目を瞑った。
窓から吹く風が心地よかった。
夢咲あまね
今度、すぐるがやってるゲーム教えてね
あまねは優しく笑って囁いた。