無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1話 開幕
9
2022/03/22 07:25
俺の名前は速水傑(はやみすぐる)どこにでもいる平凡野郎だ。
俺には保育園の頃からの幼なじみがいる。
夢咲あまね
おはようすぐる!
速水傑
ああ、おはよう
それがこいつ。夢咲(ゆめさき)あまねだ。
夢咲あまね
あー、また目にクマがある!夜更かししたんでしょ
速水傑
あー、ああ…うん
夢咲あまね
夜更かしってお肌に悪いんだよ?
速水傑
いや俺女子じゃないから
夢咲あまね
すぐるはモテたくないの?
速水傑
うっ…いや、ゲームの方が大切だから…
夢咲あまね
まーた、そんな言い訳しちゃって。
まあそんな事は置いといて…
うっ…嫌な予感がする。
夢咲あまね
課題見して☆
やっぱり。そう言うと思った。
速水傑
断る
夢咲あまね
えーっ、なんでー!?
速水傑
いい加減自分でやれ
俺がそう言うとあまねは目に見えてしゅんとする。
夢咲あまね
ううっ…一生のお願い…
速水傑
……
夢咲あまね
これからは友達と一緒にするから!
速水傑
夢咲あまね
お願いっ
速水傑
分かったよ。これで最後だからな
夢咲あまね
ありがとうすぐる様ー!
あまねは嬉しそうに飛び跳ねた後、くるりと一回転する。
夢咲あまね
私、すぐるの友達で良かった〜
速水傑
ああー、うん。良かったね。
夢咲あまね
すぐるってば、冷たいなぁ
あまねは黙ってそっぽを向いた。