プリ小説

第11話

11話
気づいたら家だった。
透琉
大丈夫?
栞苑
う、うん
うわ、これ過去一だわ。w
透琉
鏡、見る?見ない?
栞苑
見とく
透琉
鏡を見ると。
ほっぺとおでこはあざ。
足にはあざと出血したあと。
腕もアザだらけ。
栞苑
そんなに、嫌いだったのかな
栞苑
私、要らなかったのかな
透琉
そんなことない
透琉
きっと他に必要としてくれる人がいるって
栞苑
そうかな。
透琉
あ、あの
栞苑
うん?
透琉
守るとか言ったのに、守れなくてごめん。
栞苑
全然大丈夫
透琉
今度お詫びにさ、遊びに行こうぜ!2人で!
栞苑
うん😁
もう、なんて優しいんだろう。
いい人を好きになったな私。
お母さん
ごはんよー
栞苑
はーい
透琉
はーい
今日もお母さんの美味しいご飯を食べて、風呂に入って一日が終わった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Yuuka@幸せ者
Yuuka@幸せ者
こんにちは。Yuukaです かなり気まぐれです。 低浮上率高いです。 スカイピース、大好きです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る