無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,005
2021/06/23

第13話

¹²
あなた
さてと…今から任務か。






今、外は真っ暗。


今から百葉箱の中にある、

特級呪術のー、なんだっけ(



あ、両面なんとかって奴の指を回収しに行くんよ。←





あなた
なんだっけ?両面テープ??
伏黒恵
両面宿儺だ。
あなた
あーそそ、両面…
伏黒恵
宿儺。
あなた
そぅそぅソイツ。←
伏黒恵
お前わかってねえだろ。









_百葉箱の前_





あなた
これが百葉箱なん?
伏黒恵
嗚呼。
あなた
何で特級呪術を保管すんだよ。
ここ選んだ奴は馬鹿か。
伏黒恵
いいから、早く回収して帰るぞ。






恵がパカッと百葉箱の扉を開け、

中を確認するが、、





伏黒恵
ない…!?
あなた
…は?なっ、何言ってんの…?






とうとう冗談なんか言い始めたよめぐみん。





あなた
何バカなこと言って……






あれ、なくね?←





あなた
…よし恵、辺りをくまなく探せ。
伏黒恵
自分でやれよ。💢






くまなく探した後…





あなた
おいごじょる、指ねえぞ。






『え?ごじょるって何??』





伏黒恵
そんなのどうでもいいです。
特級呪物が無いんです。






『まじか-ウケるw』



『夜のお散歩中かな?』





伏黒恵
…ぶん殴りますよ?💢
あなた
いいぞガンバレ恵ッ!!←






『それ、見つけるまで帰ってきちゃダメね!』



ブチッ……





伏黒恵
……今度マジで殴ろ。
あなた
助太刀しに行くよッッ!
伏黒恵
何時代かは知らねぇけど…助かる。←






助太刀って、使ってみたかったんよ…☆






~~~


next→♡×9