無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,898
2021/05/06

第10話

あなた
中学の不良、半グレ、その他諸々、
同級生と一緒にボコりましたし。
烏野
...............え???
あなた
え??
東峰旭
ぼ、ボコったって...(震
あなた
殺したりはしてませんよ〜。
加減は一応しましたし〜。
縁下力
一応したんだな...
あなた
ただその同級生の子と一緒に変な不良共をボコっただけっすよ。
澤村大地
な、なるほど...←
あなた
あ、でもボコった後はそのダウンした不良共を山積みにして、その上に登ってたりしてました!
烏野
え゙。
あなた
結構眺めいいんすよー!
月島蛍
君、サイコパスか何かナノ?
あなた
はぁ?サイコじゃねえs...






プルルルルル...プルルルルル......





日向翔陽
電話...?
あなた
あ、私だ...






私は携帯を持ち、「ちょっと抜けます」とだけ言い残し、体育館の外で電話に出る





あなた
んだよ五条。






『ねぇ〜いい加減五条"先生"って呼んでよ〜。』





あなた
誰が。






『辛辣ッッッ』





あなた
それで?なんで電話なんかしたの。






『あー、うん!
 実はね、恵が明日任務で仙台に行くんだ!
 だから一緒に行って来て!』





あなた
えッッ、恵が来るの??恵に会えるの??






『あ、言わなきゃ良かった...





あなた
聞こえてるっつーの。






『だってあなたって恵の話になるt((あなたか?』





あなた
ハッ、この声は...恵ッ!!!←






『明日、仙台の杉沢第三高校で待ち合わせでいいか?』





あなた
恵の言うことは絶対。()






『お、おう...』






その後、めっちゃノリノリな気分で
翔陽のスパイク見たらめっちゃ興奮した()






~~~


next→♡×7