無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,978
2021/04/28

第9話








全員の自己紹介が終わったところで、

選手達は練習を再開し、私は潔子さんにマネージャーの仕事を教えて貰っている





清水潔子
まずはドリンク作ろっか。
あなた
そっすね。






シャカシャカとボトルを振る潔子さんの動きを
見様見真似みようみまねする





清水潔子
上手だね。
あなた
あはは〜。






女神様に今に反応は良くなかったな←









清水潔子
これで全部だね。
清水潔子
手、痛いでしょ?w
あなた
んー、そんな痛くないっす。
清水潔子
そっか。w






クスッと笑いながらドリンクを運ぼうとする潔子さん





あなた
あっ、私が持っていきます!
清水潔子
え、?
あなた
私が持ちますよ!
清水潔子
...ふふっ、じゃあお願いしようかな。
あなた
ングッ...←









清水潔子
休憩入りまーす。
烏野
うーっす。


、、、
あなた
しょーよー、はい。
日向翔陽
あざっす!
あなた
...はい、忠。
山口忠
あ、ありがとうございます...//
あなた
......これ蛍の。
月島蛍
ん、どうも...
あなた
むぅ......
3人
あなた
3人とも同い年なんだし変な敬語やめろ。

・・・
日向翔陽
わかった!←飲み込みが早い
月島蛍
............わかった......←上と同じく
山口忠
えっと、わかった...←小っ恥ずかしい
あなた
それでよし。()
影山飛雄
あなた、俺にもドリンクくれ←慣れた
あなた
はいはーい。






・・・



No side


縁下力
一条、すごいですね。
菅原孝支
だなー。
東峰旭
もうあんなに距離縮まってる...
木下久志
なんか、ちょっと男勝りですよね。






そんな2、3年達の会話は、全て本人には聞こえていた





あなた
私、中学ん時もそれ言われました。
烏野
(聞こえてたんだ〜...←)
あなた
でも、そう言われるのも
無理無かったっすよ。w
あなた
中学の不良、半グレ、その他諸々、
同級生と一緒にボコってましたし。
烏野
...............え???






あれ、もしかして私の好感度下がった?
と思った一条氏であった。





~~~


next→♡×7