無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,181
2021/04/26

第5話

清水潔子
私は清水潔子。3年生。






名は体を表すとはこういう事だったのか。()





あなた
一条あなたっす。
清水潔子
あなたちゃんでいいかな?
あなた
なんでもいいっす!
清水潔子
わかった。よろしくね。ニコ
あなた
うっす!ニコッ
清水潔子
(バレー部のみんなみたい...)






潔子さんに色々と教えてもらっていると、いつの間にか職員室に着いていた





あなた
あざっす!
清水潔子
ううん。これからよろしくね。
あなた
はいっ!






いやぁー潔子さん綺麗だったなぁー



一条家の女はみんな綺麗で落ち着いた性格だったらしいけどさ、

なんで私だけ性格悪くなったんだろ。って最近思うようになった





あなた
失礼しやーっす。






今はそんなこと忘れよ。






昔の事は忘れて、職員室の扉を開ける





先生
あ、もしかして一条あなたさん...?
あなた
ん、そうっすけど。
先生
クラスの担任の原田です。
よろしくお願いしますね。
あなた
一条あなたっす。
よろしくお願いしゃす。
先生
(なんか喋り方が男の子みたい...←)
先生
あ、クラスは1年3組です!
一緒に行きましょ!
あなた
うっす。






担任の先生が女でほっとしているあなたです。()





~~~


next→♡×5