無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

489
2021/10/23

第6話

4_.
あなた side 
ステージに出てきたのは見たことある4人
(なまえ)
あなた
‥‥いや待て
夏 樹    悠
夏 樹 悠
やばかっけえ‥‥
夏 樹    悠
夏 樹 悠
うわっ!!
夏 樹    悠
夏 樹 悠
絶対うらたさんこっちみた!!
一応持ってきた帽子を深く被る。
名前が出てきた時点で気付くべきだった
(なまえ)
あなた
俺、あの人たち知ってるわ
夏 樹    悠
夏 樹 悠
そりゃそーだろ有名歌い手だし
(なまえ)
あなた
そうじゃなくて。
キラキラ輝くその4人は俺より一つか二つしか変わらない。













(なまえ)
あなた
話したことある
夏 樹    悠
夏 樹 悠
は?




ライブ中もペンラを振ることなくただ音楽に耳を傾けていた。
あぁ、そーいやこの音楽俺が提供したな
こっちはまふか。



すごいなぁ。ほんとにすごいなぁ。
う ら た
う ら た
後悔させねぇからついてこいよ
志 麻
志 麻
俺たちを見つけてくれてありがとう
坂 田
坂 田
君さえよければいつまでも一緒に笑おう
セ ン ラ
セ ン ラ
感謝は形で返していくからね
夏 樹    悠
夏 樹 悠
やっばあ、かっこよ
その後もただただ悠がうるさかった










夏 樹    悠
夏 樹 悠
はぁ~楽しかったぁ
夏 樹    悠
夏 樹 悠
余韻から抜け出せねえわこれ
(なまえ)
あなた
まさかライブしてるとか
夏 樹    悠
夏 樹 悠
‥‥オイ、さっきのはどういうことだ
夏 樹    悠
夏 樹 悠
話したことあるって
(なまえ)
あなた
そのまま
(なまえ)
あなた
てか曲も提供したし
夏 樹    悠
夏 樹 悠
‥‥その話詳しく
悠は思ったより浦島好きらしく一時間以上話を聞かされた。まぁ、悠が楽しそうだしいっか。










あれ時雨じゃなかった?
まさか。ここら辺にいないよ
でも
俺らのライブ悲しそうに見てたで?
再会するのもまたいつか
さ く し ゃ
さ く し ゃ
悠くんかわよき ( (