無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

455
2021/10/30

第7話

5_. 【過去】
MFMF side 
ま ふ ま ふ
ま ふ ま ふ
おはよーございます!!
そ ら る
そ ら る
おはよー
僕の相方、そらるさんのお家にお邪魔している
う ら た
う ら た
お、まっふ~
坂 田
坂 田
俺もいるで~
ま ふ ま ふ
ま ふ ま ふ
うらたさん!さかたん!
ま ふ ま ふ
ま ふ ま ふ
相変わらずちっちゃいね!!
う ら た
う ら た
それで悪意ないなら尊敬するわ
そらるさ~ん?ここどーする?
奥の方から聞き慣れた大好きな声。

ふらっと細身でやや長身の男性が出てきた。
ま ふ ま ふ
ま ふ ま ふ
しぐくん?
(なまえ)
あなた
おー、まふじゃん
尊敬してもしきれない歌い手、時雨ことしぐくん
僕ら5人はよく集まる仲いい歌い手メンバーだった
う ら た
う ら た
時雨~、ゲームしよーぜ
(なまえ)
あなた
時雨さん上手だからなぁ、
う ら た
う ら た
大丈夫。俺の方が上手い
こんな光景も当たり前で。
元々は僕としぐくんとそらるさんが仲良くて、それから二人が加わったみたいな
この5人は最強だし大好きだった
坂 田
坂 田
今度はうちのメンバー連れて来るわ
(なまえ)
あなた
志麻さんとセンラさん?
(なまえ)
あなた
俺も、また会いたい
ま ふ ま ふ
ま ふ ま ふ
じゃあ今度みんなで遊ぼっか
そ ら る
そ ら る
いーんじゃね?
そんな約束を交わしてまたねと別れた


















そしてしぐくんは僕らの前から消えてしまった