無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話
あなたside
主人公くん
主人公くん
屋根…ある!!
ドア…ある!!
窓…全部割れてない!!
良かったぁ…(ホッ
すごい安心したんだが?←

良かったぁ…ちゃんと家だった!!←
ユウ(監督生)
ユウ(監督生)
お前なんの心配してたんだ?(笑)
主人公くん
主人公くん
ちゃんと家なのかっていう心配です。←
ユウ(監督生)
ユウ(監督生)
おぉー。←
先輩棒読みすぎでしょ。←
ユウ(監督生)
ユウ(監督生)
なんか中もボロいらしいから、今日は掃除して寝る場所の確保だな。
主人公くん
主人公くん
なんでそんな無人島みたいになってんですか。←
マジモンの無人島かよ。←

え、じゃあ夜ご飯どうするの?
主人公くん
主人公くん
ねぇ、先輩?夜ご飯どうするんですか?
ユウ(監督生)
ユウ(監督生)
晩飯はリドルのところで食わせてもらうらしい。
主人公くん
主人公くん
え、なんでそんなに仲良くなってんの。
俺が寝てた間に何があったんだ。←
ユウ(監督生)
ユウ(監督生)
あ、あとがくえんちょーから聞いた話なんだけどさ、お前は1年からここに入学するけど、俺は2年からなんだって。
主人公くん
主人公くん
えぇ!?!?
もう、どうしたらいいんだよ〜!?!?
……To be continued続く