無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ミモ③
ミナ
ミナ
ミナ   side
はぁ、なんであんな事いったんだろう...
恋人失格やなぁ...ポロッ(泣)
あぁ、ひどいのは自分なのに、泣
モモ
モモ
モモ   side
みーたんがいつも行く場所...
あ!あの公園だ!
急がなきゃ!
ミナ
ミナ
どーしようモモに嫌われたら。
無理や、モモがおらんと無理や、ブワァ(泣)
モモ、嫌わんとってや泣
モモ
モモ
嫌うわけないやん!
ミナ
ミナ
え?
ミナが顔をあげるとモモが居た
モモ
モモ
みーたんの事嫌わないよ?
だって、好きやもん!
ミナ
ミナ
ば、ばか。
モモ
モモ
ごめんね、バレンタインって気づかなくて
ミナ
ミナ
んーん、大丈夫。
はい、これチョコ作った///
モモ
モモ
えー?笑
みーたんありがとう!
ミナ
ミナ
ヘヘッ//
モモ
モモ
みーたん、
ミナ
ミナ
んー?
モモ
モモ
チュ
ミナ
ミナ
カァ//////////
モモ
モモ
あれ?照れてるん?ニヤニヤ
ミナ
ミナ
ば、ばかっ//
モモ
モモ
え〜?笑
大好きやで?みーたんニヤニヤ
ミナ
ミナ
う、うるさいっ///
ーーーー手を繋いで帰ったとさーーーーーーー