無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🌥
麻木 椎菜
麻木 椎菜
椎花っ! 朝だよ♡
麻木 椎菜
麻木 椎菜
起きてっ!!
麻原 椎花
麻原 椎花
ん…


眠たい目を擦りながら体を起こした

隣には幼なじみの麻木椎菜がいた
麻木 椎菜
麻木 椎菜
おはよう! お水いる?
麻原 椎花
麻原 椎花
うん…

何度も目を擦り意識を覚まそうとする
麻木 椎菜
麻木 椎菜
はいっ!

マイメロディが書いてあるコップを渡される


そのまま水を一気に飲んだ
麻原 椎花
麻原 椎花
ぷはっ


ようやく目が覚めた…
麻木 椎菜
麻木 椎菜
あれれ?お水全部飲んじゃったの、?
麻原 椎花
麻原 椎花
ん、…
麻木 椎菜
麻木 椎菜
えぇ 椎菜も飲みたかったぁ…


そう言ってしょぼんとする椎菜


私はベッドからおり 椎菜に聞いた
麻原 椎花
麻原 椎花
目玉焼きとトーストでいい?
麻木 椎菜
麻木 椎菜
うんっ♡


椎菜の家は2階建てだけど 部屋やリビング台所は2階にある

1階にはあまり物を置いていないらしい


冷蔵庫から卵をふたつと電子レンジのオーブントースターで食パンを2枚焼く








麻木 椎菜
麻木 椎菜
んんっ! 美味しい~♡
麻原 椎花
麻原 椎花
よかった


そう言ってあたしもトーストに齧り付く

ん、バターも効いてて美味しい