無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌥
麻木 椎菜
麻木 椎菜

え…

ただ ただ 驚いた椎菜の顔
麻原 椎花
麻原 椎花
ほんとだよ


それだけ言って あたしは椎菜に近づかなくなった




椎菜と話さなくなって しばらく経ったある日



それは突然に耳に入り込んできた



「椎菜やっと好きな人と付き合えたって!!」



…


分かってたよ



椎菜といれなくなることも



椎菜が好きな人と両片想いずっとしていたことも



全部全部 分かってたんだよ
麻原 椎花
麻原 椎花
うっ うわぁぁぁ


あたしはどうして女なんだろう



どうして椎菜と同性なんだろう



どうして椎菜と親友なんだろう



次から次へと疑問が溢れてくる



もう…ダメなんだ



椎菜とはもう話せない




椎菜の記憶の中の顔がぼやける




…砕け散った
麻原 椎花
麻原 椎花
あたしは どうしてあたしなの



あたしはフェンスから飛び降りた