無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

Ep6
1時間後……
リビング……
海人「ん!紫耀!いただいてまふ!」
玄樹「いただいてまーす」
紫耀「どーぞ」
玄樹「海人、口の周りについてるよ笑」
海人「え?」
紫耀「あれ?じんと岸くんまだ食べてないんだ」
玄樹「うん、まだみたいだね」
海人「紫耀?なんかあったの?モグモグ」
紫耀「うん、まぁ、ちょっと心配になっただけ」


しょうれんの部屋……
ガチャ
紫耀「あ、廉起きた?」
廉「おん……腰痛い」
紫耀「ごめん笑、可愛かったから」
廉「///// バカ」
ドン
廉「紫耀……?」
紫耀「チュ  2回戦、ヤる?」
廉「じゃあ ドサッ」
廉「今度は逆で チュ」
紫耀「ん……じゃあ気持ち良くして……ん /////」



次の日……
ゴンゴンゴンゴンゴン
海人「れーんー!しょーおー!」
ガチャ
廉「ん、うるさい」
海人「起きて」
廉「起きてるから」
海人「うん、で、なんで服着てないのさ」
廉「めんどくさいから」
ガチャ
海人「ねぇ、ちょっと、れーんー!?」
ガチャ
廉「何、今日OFF」
海人「うん、だからみんなでBBQでもやりたいなって思ったんだけど?」
廉「おん、で?なに用意するん?」
海人「え!?やってくれるの!?」
廉「おん」
海人「玄さ〜ん!やるって〜!」
玄樹「じゃあ岸くんと廉で物置部屋から必要そうなの出して、庭で準備しててくれる?」
優太「あ、分かった〜」
玄樹「じゃあ俺ら買い出し行ってきます」
海人「行ってきま〜す!」
優太「よし、出そうか」
廉「おん、あれ?ぐうじは?」
優太「あ〜、寝てるよ」
優太「昨日いじわるしすぎたかも笑」
優太「紫耀は?」
廉「紫耀も寝とる」
優太「え!?廉が襲った!?」
廉「どっちも?俺も腰痛いし笑」
優太「え!?じゃあいいよ、寝てて」
廉「それは、マジで大丈夫やから笑」
優太「え?でも2人初めてじゃない?」
廉「なっ/////まぁ」




1時間後……
海人「準備OK〜!」
優太「紫耀と神宮寺どうする?」
玄樹「起こすの可哀想だよね」
海人「でも起こさないのもね」
紫耀「ギュ」
廉「うえっ……/////」
紫耀「うえってなんだよ、そんな気持ち悪い?」
廉「そんな事ないっ……/////」



ゴゴゴゴゴゴ
勇太「岸くん……?」
優太「本当にすみませんでした!」
勇太「3回目は無いよ」
優太「はい!」
海人「よし!BBQやろう!」



夕方……
優太「そろそろ片付けるか!」
玄樹「そうだね」



数時間後……


リビング……
玄樹「ちょっと海人、お酒飲みすぎ!」
海人「ふふっ…玄さぁ〜ん!」
ゴンッ
海人「痛ぁ……スースー」
玄樹「おわっ、すごい音した、大丈夫かな」
廉「スースー」
紫耀「とりあえず、片付けよっか」
玄樹「海人〜、片付けるから離して〜」
海人「んぅ……」
玄樹「カ〜イ〜?1回離れよ?」
紫耀「大丈夫だよ、片付けは俺らがするから、起こすの可哀想だし」
玄樹「ごめん、ありがとう」
勇太「俺、布団取ってくるよ、1回も使ってないから多分綺麗でしょ」
優太「1人で大丈夫?」
勇太「うん、とりあえず全員分取ってくるね」
紫耀「じん、ありがとう」
 
続く……