無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

Ep12
ある日のこと……
マネさん「みんな!映画決まったよ!」
King&Prince「え!?」
紫耀「ろ、6人でですか!?」
マネさん「6人です」
King&Prince「えぇ〜!?」
勇太「ど、どうゆうジャンルですか?」
マネ「BLです」
King&Prince「え〜!?」




撮影前……
海人「なんで俺だけキスシーンこんなあんの!」
玄樹「そんなにあんの?」
海人「じんと、紫耀と、廉とある……」
玄樹「え!?3人!?」
海人「うん」
海人「玄さん、ごめんなさい……」
玄樹「なんで謝るの?」
海人「だって」
玄樹「俺だって嫉妬するよ、メンバーだからってキスして欲しくないし」
玄樹「けど、仕事だし、俺だって神宮寺とキスシーンあるし、海人のこと、1番好きなのは、俺だって自信持てるから、我慢できるよ」
玄樹「お茶取ってくる」
海人「ギュ」
玄樹「ちょっ海人っ」
海人「大好き」
玄樹「/////」
海人「ちゅーしたい」
玄樹「今はムリ」
海人「え〜なんでよぉ」
玄樹「なんでって……」
海人「玄さん!カワイイ!照れてるのもカワイイ!」
玄樹「可愛くないよ」
ドサッ
海人「かわいいの!チュ」
玄樹「ん……海人……」
海人「今日は俺が襲っていい?チュ」
玄樹「んっ……明日仕事」
海人「いいの!」




数十分後……


隣の部屋……
「んっ……カイっ……!イクっ……!」
勇太「こっちまで恥ずかしいよね」
優太「うん、まぁ、いいんじゃない?2人が幸せなら」
勇太「ここの壁薄すぎない?」
「紫耀!もっ……ムリっ!」
優太「そっちもか」
勇太「大丈夫なのかね、明日クランクインでしょ?」
優太「俺らもヤる?」
勇太「やめて」
優太「そんな即答しなくても…俺悲しいよ」
勇太「岸くん放置するからイヤ」
優太「さっせん」
勇太「チュ」


優太「ん、もう1回」
勇太「愛してるゲームじゃないんだから笑」
優太「勇太っ」
勇太「へ?」
優太「チュ」
勇太「ん……」
優太「優太って言ってよ」
勇太「優太っ……/////」
優太「カワイイ、おやすみ、勇太」
勇太「あ、そうだ」
優太「ん?」
勇太「俺、海人と玄樹とキスシーンあるよ」
優太「え?嘘って言って」
勇太「嘘じゃない」
優太「割とあんじゃん神宮寺も」
勇太「うん」
続く……