無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

不思議そうに、そう尋ねる山口に、俺は意地悪く微笑んでみせた。


「何?ずっとが良い?それを望むなら、俺は全然それで良いんだけど。」


そう、別にずっとだって、良い。
ただ、それは無理だから…どんなに望んだって無理なことだから、1ヶ月、って期限をつけた。


「そんなんじゃなくて…。」
「分かってるよ。でもね、この1ヶ月だけ、俺を好きでいてくれると嬉しい。彼氏彼女なんだし。」


そう言って、ちょっとカッコつけて手を差し出した。
…手を繋ぐのは、ダメかな、さすがに。


「…手、繋いじゃ、ダメですか?さすがに。」


って、何で俺、敬語に…あ、でも、付き合ってくれませんか?って言った時も、敬語だったか。
と、そんなことを思いながら山口の出方を伺っていると。

山口は微かに笑っていた。
その微笑みは、いつも彼女の横顔ばかりを見ていた僕にとっては初めて見るもので、ドキッとしてしまう。

俺、やっぱり、山口のこと好きだな、って、そんなことを思う。


「何で敬語なの?」
「いや…緊張してるから、かな?俺、ずっと山口のこと好きだからさ、こんな風に一緒に帰れる日が来るなんて、嬉しい。」


思えば、山口とこんな風にちゃんと話すのも、初めてに近いかもしれない。
それくらい、山口と関わってなかった。
それなのに、俺の山口への気持ちは膨らむばかりって…どれだけ俺は、彼女に弱いのだろう。


「…あの、私のどこが…?」
「どこが、って。そんなの考えたことないよ。気付いたらその時にはもう引き返せないくらい、好きになってた。それだけ。」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Salt Sugar
Salt Sugar
恋愛ものを書いてきます! ぜひ、よろしくお願いします( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ ) 気軽にフォローしてくれると嬉しいです! 好きな人物(グループ) ・嵐(特に大野くん♡) ・Quizknock など これから小説書いてくので、よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る