プリ小説
一覧へ

第5話

#<<5
別に、さっき本読んでたら私壁にぶつかったことないのに、危ないって壁の前で止められたの
曲がろうとしてたのに。
そう思えば雫は壁にぶつかったことがない。

なんで周りが見えてるのだか...
結翔
絶対ぶつかると思って手を出したら〝何?誰?〟って言われたよ
隼人
おまe...!!先輩に向かって...!!
だって知らないんだからしょうがないじゃない
隼人
普通お前1年なんだから敬語で喋るだろ
結翔
まぁまぁ、それは雫ちゃんだからいいんだよ
こいつ...雫ちゃんとか言いやがって...
まぁ友達になったからその報告ね
とかいってその日は二人で帰っていった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

響(ひびき)
響(ひびき)
文章力のない私ですがどうぞよろしくお願いします🙏
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る