プリ小説
一覧へ

第1話

#>>1
はぁ...
高校入学そうそうため息をつく雫。

幼馴染の隼人はそれにつられてため息をつく。
隼人
今日から高校生活が始まるってゆーのにそのため息なんだよ
雫は本を読み始めて聞いていない。

本を読み始めると何も聞こえなくなるのが雫だ。

俺がいなかったらすぐに電柱にでもぶつかってたんだろう。

普通なら高校に入る嬉しさのあまりテンション上がるのが普通だろうに、雫は本しか見てない。
隼人
なぁ、お前今日から高校生活始まんだよ
本ぐらい春休み読んだだろ
そう、小さい時から本しか読んでこなかった雫に本を読んでいなかった時期なんてあるわけない。

すると一言、
読んでないの
これは聞いてたみたいで、雫は返事をした。

隼人はびっくりして焦った。
隼人
は!?お前に読んでない時期あるのかよ、よく耐えれたな
まぁ色々あって
隼人
色々ってなんだよ
雫に見つめられ、何も言えないまま隼人は軽く、なんでもない、と答えた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

響(ひびき)
響(ひびき)
文章力のない私ですがどうぞよろしくお願いします🙏
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る