無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

苺美瑠狂の恋愛談義
341
2021/08/30 17:02
ー山王街 ITOKANー

襲撃に来たMIGHTY WARRIORSのメンバーを退けた山王連合会と真也達はITOKANへと戻ってきた。
九世亮太
九世亮太
おかえりなさい。
ヤマト
ヤマト
戻ったぜ。
ナオミ
ナオミ
おかえり。無事で何より。やっぱ行かせて正解だったかな。
九世栞理
九世栞理
確かに、皆ボロボロだったもんね。ナオミさん、救急箱あります?
ナオミ
ナオミ
あるよ。ちょっと待ってて。
そう言うとナオミは救急箱を取りに行った。
チハル
チハル
しいちゃん達には助けられたよ。ありがと。
ノボル
ノボル
ホントだよ。あそこで来てくれなかったらもっとやられてたかも。ホントにありがとう。
ダン
ダン
めちゃくちゃ強かったけど、何かやってたん?
その問いに答えたのは救急箱を手に戻ってきたナオミだった。
ナオミ
ナオミ
あんた達が行った後弟くんが言ってたけど、空手部の元主将だったんだって。都大会でも優勝してるらしいよ。
コブラ
コブラ
だから強かったのか。
純子
純子
あたしらも聞いた時は驚いたからな。
九世栞理
九世栞理
ついでに言うと私は医師免許持ちでもありますから、皆さんの怪我の手当もしますよ。
ナオミ
ナオミ
ホントに!?助かるあたし一人だけだと手当が追いつかないんだよ。
九世栞理
九世栞理
そう言えばしょっちゅう何処かしら怪我して帰ってくるって言ってましたもんね。

さて・・・手当するので怪我してる人は1列に並んでください。
その後ナオミと栞理によって全員の手当が行われ・・・
九世栞理
九世栞理
全員終わったかな。
ナオミ
ナオミ
こっちも全員終わったよ。
純子
純子
手当が終わったところで改めて相談に乗ってください!
ナオミ
ナオミ
そう言えば相談しようとして流れちゃったもんね。
明日香
明日香
そうでしたね。
苺美瑠狂メンバー
男共には出てってもらいましょうか。
ナオミ
ナオミ
そうだね。

という訳で男共!此処は今から男子禁制だから出ていきな!
ヤマト
ヤマト
は!?聞いてねーよ!
ナオミ
ナオミ
だから今言ってるんでしょーが!居座るなら今までのツケ払って貰うよ!
ノボル
ノボル
どうする、ヤマト?(笑)
ヤマト
ヤマト
笑い事じゃねーだろ! あー!もう分かったよ!出てきゃいーんだろ!出てきゃ!
九世栞理
九世栞理
当然、正也達も出て行ってよ!
正也
正也
俺達もかよ!
九世栞理
九世栞理
当たり前でしょ!乙女の大事な話なのに男共に聞かせる訳無いでしょ!
ナオミ
ナオミ
そのとーり!分かったらさっさと出てった出てった!
そう言いながらナオミは屯していた男達を店の外へと追い出した。 男達が全員出て行った後・・・

(村山も一緒に出て行った後という設定です。)
九世栞理
九世栞理
あ、ツケで思い出したんですけど、オムライスの代金払ってない!
ナオミ
ナオミ
気にしないで。アイツらもツケで食ってるし。
九世栞理
九世栞理
良いんですか?
ナオミ
ナオミ
どうしても気になるならこの街を出る時に纏めて払ってくれれば良いよ。
九世栞理
九世栞理
そうさせて貰います。
ナオミ
ナオミ
押上も言ったと思うけど、タメで良いよ?
九世栞理
九世栞理
分かり・・・分かった。
明日香
明日香
まだ少しぎこちないけど、仕方ねーか。慣れれば自然とタメになってる事を願ってるよ。
九世栞理
九世栞理
うん。慣れるまでかかると思うけどゴメンね。
芝
良いって良いって。副総長も言ってたけど、慣れたら自然と出てると思うから。
九世栞理
九世栞理
うん。

純子さんと明日香さんってコブラさんとヤマトさんのことが好きなんですよね?
純子
純子
まあ・・・何方もあたしらの一方的な片思いだけどな。
明日香
明日香
うん。
九世栞理
九世栞理
どういう所が好きなの?
純子
純子
コブラは、口数も少ないし無愛想で何を考えてるのか分からないけど、この街を守るっていう使命と正面から向き合ってる姿は純粋に格好良いと思ってるんだ。
九世栞理
九世栞理
そうなんだ。
純子
純子
姐さんはどう言った経緯で?
九世栞理
九世栞理
私の場合は正也も言ったと思うけど、幼馴染同士の縁でね。
押上
押上
そうだったな。
と恋愛談義に花が咲いていた。

一方追い出された男達はと言うと・・・
ヤマト
ヤマト
どうする?ITOKANは女達が貸切にしちゃってるし。
ダン
ダン
てか今何時やろ?
ダンはそう言いながらポケットからスマホを取り出して時計を表示させた。
ダン
ダン
12時か・・・
チハル
チハル
昼飯どうします?
コブラ
コブラ
この街はITOKANともう1軒あるんだがそこ以外ねーからな・・・
チハル
チハル
ですね・・・
その声を聞いていた正也達は、コブラ達に聞こえないように小声で話し始めた。
九世亮太
九世亮太
原沢商店開いてるかな?
正也
正也
ユキちゃんに確認取ってみねーと分かんねーわ。
真也
真也
どうせなら楓士雄も呼んで行かねーか?
九世亮太
九世亮太
それ良い!
正也
正也
じゃあ、俺ユキちゃんに確認取ってみるわ。
真也
真也
俺は楓士雄に連絡取ってみるわ。
その後それぞれ連絡を取り原沢商店が開いていることと、楓士雄の了承が取れた事で未だにどうするか話し合っているコブラ達の方へ声を掛けた。
九世亮太
九世亮太
皆さん、もしまだ決まってないようでしたら僕達の故郷へ食べに来ませんか?
ノボル
ノボル
故郷って言うと希望ヶ丘に?
九世亮太
九世亮太
はい。
ヤマト
ヤマト
お店知ってるのか?
正也
正也
店と言うより俺達の溜まり場に案内するぜ。
チハル
チハル
溜まり場って?
正也
正也
俺達の溜まり場といえば原沢商店さ。
チハル
チハル
そう言えば正也達は鍵っ子だったから何時も行ってたもんね。
ヤマト
ヤマト
この街にはグレチキもあるけど、たまには他所の街に行くのもありだな。
ダン
ダン
そうやね。
ノボル
ノボル
原沢商店さんはどんなお店なの?
正也
正也
駄菓子屋ともんじゃ屋をやってるぜ。
テッツ
テッツ
もんじゃか良いね。
ダン
ダン
今日のお昼はもんじゃで決まりやな。

ほんなら早速行こか。
九世亮太
九世亮太
出る前に姉に連絡しますね。
そう言って亮太はスマホのLINEにメッセージを送った。
九世亮太
九世亮太
行きましょう。
コブラ
コブラ
そうだな。案内頼んでいいか?
正也
正也
良いぜ。原沢商店に行く前に2ヶ所寄り道するけど・・・
ノボル
ノボル
2ヶ所?何処に行くの?
真也
真也
楓士雄の学校と鬼頭那霊園や。
チハル
チハル
鬼邪高と霊園に?
九世亮太
九世亮太
実は皆さんが話し合われてる間にお店と楓士雄君に連絡したんです。そうしたら楓士雄くんも行くと返事が返って来たので、だったら迎えに行くって言ったんです。
ノボル
ノボル
そうなんだ。
テッツ
テッツ
霊園にも行くって言ったよね?
真也
真也
霊園は主に亮太やけどな。
九世亮太
九世亮太
僕?
正也
正也
サダ婆の葬儀に来られなかっただろ?
九世亮太
九世亮太
確かに行けてない・・・
正也
正也
だから墓参りだけでもと思ってな。
九世亮太
九世亮太
そうだったんだ。ありがとう。
コブラ
コブラ
さてと改めて行くか?
正也
正也
ああ、ただ、俺達は学校の場所を知らねーから学校までの案内は頼んでいいか?
コブラ
コブラ
ああ。
その後鬼邪高へ楓士雄を迎えに行き正也達の案内の元希望ヶ丘地区へと向かったのだった。